【サッカー部男子】全国高校サッカー選手権 報告会

本日(1月7日)正午すぎに、全国高校サッカー選手権を戦い抜いた、サッカー部の選手たちが上田西高校へ帰ってきました。

多くの生徒、保護者の皆様、地域の皆様にお集まりいただき、誠にありがとうございました。

=====

選手たちの乗ったバスが見えると、大歓声が。
今か今かと待ち構えていた、生徒、保護者の皆様、市民の皆様、先生方が大きな拍手で出迎えます。
報告会では、水野理事長、櫻井校長からは、祝福と労いの言葉を送り、
非常に厳しい戦いを戦い抜いた選手たちを称えました。

そして、白尾監督、大久保主将、渡辺総監督より、全国大会出場の経過報告がありました。

白尾監督は、初戦~準決勝までのチームの様子を伝え、
そして、選手たちへのねぎらいの言葉と、応援してくれた皆様への感謝の気持ちを述べました。
そして、サプライズで本日誕生日を迎えた、大久保主将へのバースデーソングのプレゼントも!!

大久保主将からは、応援してくださった保護者をはじめとした皆様への感謝の言葉、
そして、準決勝で勝つことができなかった悔しさと申し訳ないとの気持ちを述べたうえで、
後輩たちへその悔しさを託し、それぞれが次のステージで一生懸命頑張ることを約束しました。

渡辺総監督は、頑張った選手たちへの感謝の言葉、そしてサッカー部創部時に誓った全国大会出場という目標、そして初得点、初勝利、そして全国第3位への道のりやエピソード、すべての皆様への感謝の言葉を話されました。

そして、最後に、櫻井校長から「皆で、最後にアルプス一万尺をやろうよ!」と、粋な提案があり、
サッカー部、野球部の生徒を中心に、今回の大会でも選手たちに何度もチカラを与えた、アルプス一万尺の大合唱!

大盛り上がりで、報告会を終えました。
ご来校いただきました皆様、誠にありがとうございました。