【放送委員会】第66回NHK杯全国高校放送コンテスト

7月22日~25日に第66回NHK杯全国高校放送コンテストの全国大会が行われました。

私たち上田西高校は研究発表部門に出場し、「JKでも作れる!マルチケーブル」について発表しました。
全国というこで、最初は緊張しましたが、緊張以上に楽しく発表をすることができたので良かったです。

ホテルでは、全国に出場した長野県の高校生のみなさんと交流会がありました。
それぞれ個性豊かな人達ばかりで、1人1人がキラキラしていました。
放送に関する話で盛り上がったり、面白おかしい話をたくさんしました。
本当に放送が好きなんだなぁと思いました。それと同時に、私たちも改めて感じることができ、みなさんと話す上で何か自信を持てたような気がしました。

4日目はNHKホールへ行き、決勝の大会を鑑賞をしました。
ラジオドキュメント部門、ドラマドキュメント部門、創作ラジオドキュメント部門、創作テレビドラマ部門の4つ部門を見ました。
心温まる感動的な作品や、高校生目線の面白い作品がたくさんありました。
思わず涙がでてしまう作品もありました。
全国レベルの作品を初めて見たのですが、とても貴重な時間であり、色々なことを学ぶことができたのできて良かったです。
来年に繋げていきたいと思います。

仲間、そして私たちを支えてくださった宗和先生と一緒に、辛いこともありましたが、みんなで協力して乗り越え、楽しい最高の思い出が作ることができました。
ありがとうございました。

放送委員長 千葉夏々香