防災訓練を実施しました。

9月3日(火)の5時間目に防災訓練が行われました。

「本館4階化学室から火災発生」の放送が流れると、全校生徒が一斉に避難を始めました。

全校生徒約900人が、速やかに行動し、火災発生の放送が流れてから約10分で全員無事に体育館に

避難することができました。

 

その後、体育館にて上田中央消防署の消防員の方から防災についての話を聞きました。

防災とは「自分の命を守ることと、自分の大切な人の命を守ること」で、大切な命を守るためには

日頃から防災の意識を持ち、災害に備えた準備をすることが大事であるといった話がありました。

上田市は全国的に災害の少ない地域のため防災に対する意識が低い傾向にあるようです。

ですが、全国各地で地震や大雨による災害が数多く起こっているので、いつ災害が起こっても

いいように日頃から準備をしておかないといけないということでした。

 

今回の防災訓練を機にもう一度防災について考えてみる良いきっかけとなりました。