読書週間を実施しています。

10月2日(水)から16日(水)までの2週間、読書週間を実施しています。朝8時50分から全校読書を開始します。

本の世界に入ることで、心を落ち着かせ、集中力が高まります。

読書をすることで、「別の人の人生を経験できる」とも言われます。良い言葉に出会うと生きる勇気、元気、励ましをもらうのではないでしょうか。

最近、新聞にて、万葉集の柿本人麻呂作「天(あめ)の海に雲の波立ち月の船星の林に漕(こ)ぎ隠る見ゆ」という短歌を知りました。空を海に、雲を波に、月を舟に、星々を林に例えていて、壮大な光景が目に浮かびました。言葉の持つ力を感じた瞬間でした。

読書週間を通して、ぜひ、大好きになる言葉に出会いましょう!

【読書週間課題図書】

書名 著者名 出版社 ジャンル テーマ
1 12番目の天使 オグ・マンディーノ坂本貢一 訳 求龍堂 海外 文学 野球・心の交流・感動全米ベストセラーの翻訳版
2 「心の掃除」の上手い人 下手な人 齋藤茂太 集英社文庫 ノンフィクション ポジティブな生き方・前向きになるためには?
3 坊っちゃん 夏目漱石 角川文庫 明治・大正文学 無鉄砲教師の波乱万丈の日々。ユーモアたっぷり。
4 春のオルガン 湯本香樹実 新潮文庫 昭和・平成文学 少女の成長・他者とのかかわり・猫
5 ナミヤ雑貨店の奇跡 東野圭吾 角川文庫 話題の本 ある雑貨店で次々と起きる奇跡とは?感動のミステリー小説
6 コンビニ人間 村田沙耶香 文春文庫 話題の本 働くとは?生きるとは?