学習コース

目標に合わせて選べる「2つの学習コース」

  • 【特進】コース

    国公立大学や難関私立大学への進学を目標に、現役合格を目指すコースです。充実の教育環境が整っています。

    詳しく見る
  • 【進学】コース

    部活動や生徒会活動、豊富な選択授業を通して、幅広く可能性を伸ばすことを目指すコースです。

    詳しく見る

【特進】コース

1年次の学び

基礎学力を固め、学習習慣を身につける

入学直後から大学入試を念頭に置き、難関大学合格に必要な基礎学力を養成します。日々の小テストや予習復習、7時間授業など、中学生のときよりも圧倒的に増える学習量をこなすことで、自ら学ぶ姿勢と計画性を育みます。

2・3年次の学び

大学進学に向けた学び

土曜日や夏休み・春休みには課外補習を行い、学校での学習時間を拡大。目標や受験科目にあわせた授業を通して、国公立大学や難関私立大学への進学を目指します。きめ細やかな面談や個別指導を通し、先生も全力でサポートします。スマートフォンやタブレットで大学受験講座の講義が見られる「スタディサプリ(リクルート)」「classi(ベネッセ)」を活用し、学力アップに取り組みます。

詳しく見る

【進学】コース

1年次の学び

基礎学力を固め、学習習慣を身につける

学習・国際交流・生徒会・クラブ活動など、自分のやりたいことを見極め、基本的な学習との両立を目指すための一年間です。「目標」を持ち、それを達成するために努力をする習慣を身につけます。先生たちはささいなことでもサポートします。

2・3年次の学び

未来に向けた学び

進学や就職など、生徒それぞれの未来の夢に寄り添う選択授業を実施しています。国際、情報、福祉、保育、芸術など、幅広い進路目標を視野に基礎学力を固め、将来の目標や志望を先生と共に考えながら、具体化していきます。クラブ活動にも積極的に参加できます。

詳しく見る

西高生の必須アイテム「西高手帳」

上田西高校では生徒手帳とスケジュール帳を合体させた西高手帳を作成し活用しています。この手帳活用の目的は、1.書く習慣をつける→2.時間(予定)を意識する習慣をつける→3.振り返り、考える習慣をつけるというものです。
書くということは頭で考えながら整理する事であり、予定を意識すれば計画的に物事が取り組めるようになります。実際に学習時間が増え着実に成績を伸ばしている生徒もいます。計画をしたら振り返ることで次の目標を設定し、夢や目標を意識していくことは部活動で全国を目指す生徒にとっても重要な事です。上田西高校では毎週月曜日の朝、先週を振り返って反省するとともに今週の予定や目標を記入しています。スケジュールだけでなく、保護者との遅刻・早退の連絡届欄や読書の記録、試験日程や範囲の記入欄、面談シートなどもついたこの西高手帳は,西高生が充実した高校生活を送るための重要なアイテムとなっています。

西高手帳活用術
INTERVIEW
内山夏寿さん 出身:上田第一中学校
小学生で見た憧れの上田西高校、勉強と野球の両立の日々

入学後は硬式野球部に入部。「人がやらないときこそチャンス」がモットーでした。勉強は、通学の時間や学校での空き時間を活用しました。すべてのことに全力で取り組む中で、最後までやり遂げる粘り強さを身につけることができたのではないかなと思います。