平成29年度卒業生インタビュー

根本 凌

根本 凌

出身:神奈川県茅ヶ崎市立 赤羽根中学校
鹿屋体育大学/体育学部/スポーツ総合課程学科

全国高校サッカー選手権大会出場の夢が現実に!
上田西高でサッカー人生の基盤が築けた

暮らしていた神奈川県茅ヶ崎市の中学校を卒業するときに、「高校でサッカーを一生懸命やりたい」という気持ちが強くあり、両親も僕の思いを応援してくれて、親元を離れて上田西高校に進学することに決めました。高校時代の3年間は学校の寮で生活をし、朝から晩までサッカー一色の毎日でした。上田西高校サッカー部では、「堅守速攻」のサッカーを目指しており、“失点をしないこと”に重点をおき、全国大会出場そして全国大会で1勝することを目標に練習をしてきました。ポジションごとの練習にも力を入れていて、僕はフォワードとして自主練も含めゴールの練習を集中的に行っていました。僕たち西高のサッカー部が全国大会で勝てるチームに変われたのは、白尾監督のチーム作りや練習メニューの影響が大きいと思います。チームが一丸となって、目標に向って結束できたことで、全国大会でベスト4、個人としては優秀選手に選ばれることができたのだと思います。
大学進学後もサッカー続け、ユニバーシアードに出ることが目標です。そして、将来はJリーグで活躍できるプロ選手を目指したいと考えています。

寸田 風菜

寸田 風菜

出身:長野市立 裾花中学校
長野大学/環境ツーリズム学部環境ツーリズム学科/観光コース

勉強とバレーボールの両立を目指し進学しました

中学時代から親元を離れ、全国大会で優勝経験のある裾花中学校でバレーボールに打ち込んでいました。上田西高校に進学していた中学時代の先輩に、西高のバレーボール部は、しっかりとした練習を行いながらも、和気あいあいとした雰囲気で活動していると聞き、魅力を感じ上田西高校への進学を決めました。3年生のときにはキャプテンを務めましたが、積極的に意見を言ったりすることが苦手な性格なので、チームをまとめることは難しく感じました。一方で、私の持ち味である“明るい雰囲気づくり”を意識したチーム作りをモットーに、練習でも試合でも一番大きな声を出そうと意識し、その影響もあり明るい雰囲気のチームにすることができました。
進学に際しては、長野大学のバレーボール部の先生にお声がけをいただき、長野大学に進学し、バレーボールを続けることを決めました。大学でも自分らしいバレーを続けていきたいと考えています。

小泉 玄馬

小泉 玄馬

出身:青木村立 青木中学校
同志社大学/スポーツ健康科学部/スポーツ健康学科

身につけた自分なりの勉強法、
そして野球部の活動にもしっかりと参加

僕が中学校3年生のときに、上田西高校の硬式野球部が甲子園に出場しました。それを知って、上田西高校に進学したいと考えるようになったのだと思います。
学校見学会などのタイミングで、西高に軟式野球部があることを知り、今までとは違う軟式野球をやってみたいと考えるようになりました。入学後に入部した軟式野球部では、先輩の刺激を受け、力をつけるためには、人と同じことをやっていてもダメだと考え、自主的な朝練にも力を入れていました。2年生のときには、全国大会ベスト4の成績を残すことができ、また3年生のときにはキャプテンとして活動しました。
一方で、勉強にも自分なりに力を入れてきました。中学時代には自分に合った勉強法がわからずにいましたが、この学校に入学して、先生からのアドバイスもあり、一から勉強方法を見直したことで学習習慣が身につき成績も上がりました。
進学する同志社大学では、準硬式野球部に入部します。平成29年度に全国優勝したチームなので、自分の力を試し、存分に発揮してみたいです。

渡邉 慶輝

渡邉 慶輝

出身:長野市立 更北中学校
法政大学/現代福祉学部/福祉コミュニティ学科

小学生で見た憧れの上田西高校、勉強と野球の両立の日々

小学校1年生から始めた野球。その頃にテレビで見た上田西高校の野球部の姿に憧れをもち、上田西高校進学を目指していました。
入学後には硬式野球部に入部。部員数が100名弱と大変多く、レギュラーに選ばれることは、簡単ではありませんでした。「練習量は絶対に誰にも負けたくない」という強い気持ちで練習に励みました。長野市から通っていたので朝6時の電車に乗り、7時20分から朝練、放課後は19時頃全体練習が終わった後にも21時まで自主練をしました。「人がやらないときこそチャンス」と考えていたんです。
勉強は、通学の時間や学校での空き時間を活用しました。野球部で教えていただいたことの中に「野球だけやっていても野球はうまくならない。勉強と野球を両立することで両方できるようになる」というモットーがあります。そのとおりだと感じ、すべてのことに全力で取り組む中で、最後までやり遂げる粘り強さを身につけることができたのではないかなと思います。

山田 彩乃

山田 彩乃

出身:千曲市立 戸倉上山田中学校
松本大学/人間健康学部/健康栄養学科

将来は管理栄養士を目指します!
サッカー部女子で過ごした楽しい日々

家からも通いやすく、スポーツが盛んなところに興味を持ち、上田西高校に進学しました。先輩に誘われて見学したサッカー部女子の活動が楽しそうで、入部を決意。私たちの学年が入部したことで、試合に出ることもできるようになり、団結力も強くなっていきました。顧問の先生が男子サッカー部のOBに声をかけて下さり、土日はOBの方々がコーチとして教えてくださいました。年々、練習メニューも増えたことで実力が付き、県大会でベスト4の成績を残すことができました。サッカーは団体競技なので、声を掛けあってボールがつながっていくことがとても楽しかったです。
また、勉強の面では、上田西高校の先生方は親身になってサポートをしてくれる印象があります。受験に際してもサポートをしていただき、無事に志望校に合格することができました。将来は、管理栄養士の資格をとって、自分のレストランを持ちたいと考えています。健康長寿県である長野県で、県民の健康を支える活動に関わりたいです。

小嶋 太郎

小嶋 太郎

出身:上田市立 上田第二中学校
日本大学/理工学部/精密機械工学科

意識を変えるきっかけになった「勉強合宿」

高校に進学した当初は、中学校よりも授業時間が増え、小テストも多くあって大変だなと思っていました。しかし、その意識がガラリと変わったのは夏休みに志賀高原で行われた勉強合宿です。合宿中は1日10時間の学習をしました。10時間と聞くと、とても長いのですが、合宿中はあっという間に時間が過ぎ、自分もこれくらいの勉強ができるのだと認識することができ、モチベーションアップに繋がりました。また、合宿の中で“すきま時間”の活用方法を学んだことで、毎日の勉強時間のやりくりがうまくいくようになり、自分の勉強のペースが見つけられたように思います。
また、小さい頃から機械が好きで、将来は機械工学系に進学したいと思っていました。しかし、理系科目が苦手だったため、放課後の時間を使って先生方が粘り強く理系科目の補習をしてくれました。その甲斐もあって志望大学に合格することができました。【特進】コースはクラスの人数が少ない分、とても仲が良く、毎日楽しく勉強できたのも良かったです。

母袋 桃花

母袋 桃花

出身:上田市立 上田第二中学校
清泉女学院短期大学/幼児教育学科

私立ならではの自由な学習法で勉強が好きに。

姉が上田西高校に通っていたため、小さい頃から上田西高校は私の憧れでした。
実は、中学までは勉強には苦手意識がありましたが、高校入学をきっかけに勉強にしっかりと取り組んでみようと決意し、【特進】コースを目指しました。
入学後、先生方が生徒一人ひとりを気遣ってくれることや、【特進】コースで頻繁に行われる小テスト対策などの影響で学習習慣が身につき、学習が楽しくなっていきました。また、高校の授業の中で印象的だったのは、留学生と一緒に英語の授業を受けられたことです。生の英語を身近で感じ、ネイティブの友人とコミュニケーションをとることはとてもいい勉強になりました。
また、人前で話すことが好きで、ルーム長会副会長としても活動しました。学校行事の企画に関わる中で、委員の皆で問題を解決したり協力したりすることがとても楽しかったです。学習以外の活動にも参加すると、学校生活もより充実すると思います。
将来は好きな子どもに関わる仕事として保育士を目指しています。短大に進学してからもその夢を叶えるために頑張っていきたいと思います。

櫻林 日和

櫻林 日和

出身:東御市立 東部中学校
横浜市立大学/データサイエンス学部/データサイエンス学科

学習出来る空間があるのが魅力。
AO入試対策も先生のサポートに感謝!

入学前、私立高校は校則や生活ルールなど厳しいのかなと思っていました。入学してみると、先生方は優しく、勉強も親身にていねいに教えてくれ、入学前の印象はいい意味で裏切られました。
放課後の勉強は、主にスタディホールや図書館を利用していました。クラスメイトと誘い合っていつも一緒に勉強していたことで、モチベーションを維持することができ、また、このような環境があることで、学習習慣の確立ができたと思います。また、上田西高校の先生方は、質問に行くと積極的に指導してくれるので、勉強についていけなくなることがないと感じていました。
卒業後の進路には、興味のあるデータサイエンス学部がある横浜市立大学を選びました。私が受けたAO入試では、エントリーシートの提出の他にプレゼンテーションもありましたが、担任の先生が色々と指導してくださり、自分なりにアピールすることができたと思います。

前川 直毅

前川 直毅

出身:上田市立 上田第五中学校
高崎経済大学/地域政策学部地域政策学科

さまざまな行事も充実。
フットサル部で汗を流した学園生活

上田西高校は、強歩大会・文化祭・遠足・台湾修学旅行など色々な行事があり、3年間通してとても楽しかった印象です。部活は興味のあったフットサル部に入り、20人くらいのメンバーと一緒に練習に励みました。フットサル部は自分たち発案の練習方法などを導入していたので、休日の練習にも楽しみながら取り組むことができました。大学でもフットサル部かサッカー部があれば続けていきたいと思っています。
勉強は、元々集中することが苦手でしたが、夏期講習や勉強合宿などをきっかけに、集中して勉強することを習慣化することができました。
また、受験の際には先生が休日を返上して、面接と小論文の指導を試験の直前までしてくださいました。
進学後は、大学で学びながら将来自分がやりたいことを見つけて行きたいと思います。

羽田 来綺

羽田 来綺

出身:立科町立 立科中学校
セイコーエプソン株式会社

憧れの上田西高校野球部、3年間で学んだ強い気持ち

中学のときに懸命に取り組んでいた野球。高校進学後は、強いチームでプレーしたいと考え、中学2年生のころから上田西高校を目指してきました。硬式野球部に入部したときは、部員数の多さと練習の大変さで何度も挫折しそうになりましたが、それを支え合えるいい仲間に恵まれ、3年間を切磋琢磨しながら過ごすことができました。
この野球部には各地から「野球をやりたい」という強い気持ちのメンバーが揃っています。皆「甲子園にいきたい!」という同じ気持ちで、日々練習に励み、チームワークの大切さを学ぶことができました。
1年生のときに甲子園に行き、その憧れの舞台で試合を見て、会場の雰囲気を肌で感じたことで、その後の練習にもより力が入るようになりました。それまでも朝練習にしっかり取り組んでいましたが、大人数の中でスタメンに選ばれるためには自分なりの努力が必要だと思い、一つひとつの練習にも工夫をしてきました。そんな中で、県大会、北信越大会は病気で出られなかったのでとても悔しい思いはしましたが、裏側でのサポート役を経験することができ、貴重な体験となりました。私立に進学させてくれた、母親にはとても感謝しています。就職してからも恩返しをしていきたいと思います。

小須田 亜美

小須田 亜美

出身:佐久市立 野沢中学校
佐久総合病院看護専門学校/看護学科

テーマは「前代未聞」、生徒会長としてのかけがえの無い時間

上田西高校の「4つのステージ」という考え方に魅力を感じたのがきっかけで、上田西高校への入学を志望しました。入学してみると先輩方が皆明るくて、とてもいい雰囲気の学校だと感じました。私たちのクラスも、さまざまな学校行事を経て団結力が深まっていったと思います。3年生のときには生徒会長として活動しました。生徒会長に立候補したのも、生徒会の先輩方が、自分のやりたいことに一生懸命取り組んでいる姿に惹かれ、私もやってみたいと思ったのがきっかけです。私が皆と考えた生徒会のテーマは「前代未聞」。「今まで見たことも聞いたことも無いことをしよう!」というテーマで、毎月新しい行事を企画・開催しました。例えば近所の公園でのピクニック、中庭でのスイカ割り、浅草への研修旅行など、生徒会で考えたことを顧問の先生がサポートしてくださり、実現することができました。
とても充実した3年間を過ごすことができ、上田西高校は、色々な可能性を引き出してくれる環境が整っているので、自分のやりたいことを見つけられる場所だと思います。

芳川 実優

芳川 実優

出身:長野市立 川中島中学校
小諸看護専門学校/看護学科

上田西高ならではの留学制度を経験、人生の大きな財産に

姉と兄が上田西高校に通っていて、毎日とっても楽しそうにしていた印象があり、私も通ってみたいと考え、上田西高校を志望しました。入学する前は、正直もう少し硬いイメージがありましたが、入学してみると、生徒同士は仲良く、先生と生徒の距離も近く、一人ひとりを熱心に指導してくださって、以前よりももっとイメージが良くなりました。
勉強面では、夢の看護師になるために、得意の生物に特に注力して頑張りました。受験にあたっては、1冊の参考書を何回も解くという勉強法を実践していました。その中で分からないことは、先生に聞いてしっかりと理解する、ようにしていました。専門学校の受験の前日には、先生に「落ち着いて解けば大丈夫だよ」という後押しを受け、本番では落ち着いて挑めたと思います。
また、オーストラリアへの短期留学制度も利用しました。オーストラリアの姉妹校CCGSでは、皆とてもフレンドリーに接してくれ、そうすることで楽しめるんだと気づき、自分も大いに刺激を受けました。ホストファミリーも、一緒に海に行ったり買い物に行ったり、とてもよくしてくださいました。人生において貴重な経験をさせてもらいました。いつか、もう一度ホストファミリーに会いに行きたいと思っています。
高校時代の友達は一生の宝物だと思うので、高校生活は思いっきり楽しんでくださいね!

工藤 陽平

工藤 陽平

出身:泰阜村立 泰阜中学校
JR東日本株式会社仙台支社

西高で培った野球の技術を、社会人野球でも発揮したい!

甲子園に出場することが小さい頃からの夢でした。そのため、実力のある野球部がある上田西高校を志望し、入学後は硬式野球部に入部しました。
1年生の夏、自分の夢であった甲子園に行くことができ、ピッチャーとして出場することができましたが、これは自分の身体と心の準備ができていないまま、先輩方に連れて行ってもらったという認識でいます。2年・3年と自分の力で甲子園に行きたいという強い気持ちがありましたが、3年生のときに県大会前に怪我をしてしまったため、本来の力を出し切れず、不完全燃焼で終わってしまいました。そこに関して悔いは残ります。
しかし、その怪我をきっかけに、自分の身体や食事面を見直すようになりました。上田西高校の野球部は、自主的にトレーニングをする環境と雰囲気が整っていたので、食事をきちんととり、小さかった身体を大きくするための身体づくりをしっかりやってきました。意識を高く持っておけば身体に現れたり、結果として出てくることがわかり、野球を通して“しっかりと自分の考えを持つこと”の大切さを学びました。
進路を考えるにあたり、卒業後も野球を続けたいという気持ちを先生に相談したところ、JR東日本を紹介いただきました。自分にはここしかないと思い、入社を決意。入社してからが勝負だと思っているので、上田西高校で身につけた経験をベースに、社会人野球で通用する身体づくりをし、主力で投げられる選手に成長したいと思います。ここまで支えてくれた親にもしっかりと安心してもらえるように結果を出したいと考えています。