学校案内 就学支援金・奨学金制度

平成31年度 就学支援金制度一覧

平成31年4月1日更新

国の制度・就学支援金制度とは

就学支援金は、家庭の状況に関わらず、全ての意志ある高校生が安心して勉学に打ち込める社会を作るため、また、家庭の教育費負担を軽減させるための国の制度です。費用は国が負担し、県が支給しています。
家庭状況により変わりますが、対象となる生徒1人あたりの支給額は下表のとおりです。

【平成30年度実績】

都道府県民税所得割および市町村民税所得割額の合計※2 就学支援金支給額(年額) 備考
A 非課税(0円) 29万7,000円 私立高等学校授業料等軽減事業※の対象となります。
B 8万5,500円未満 23万7,600円
C 25万7,500円未満 17万8,200円 一部、対象者となる場合があります。
D 50万7,000円未満 11万8,800円 私立高等学校授業料等軽減事業※の対象となりません。
E 50万7,000円以上 支援金なし

※1.平成30年度より就学支援金受給要件の一部が変更されています。(市町村民税所得割額のみであった基準が、都道府県民税所得割額と市町村民税所得割額の合計額になります。)
※2.都道府県民税所得割、市町村民税所得割とは、住民税のひとつで所得に応じて課税されるものです。親権者全員の課税証明書の所得割の合計額が対象となります。
※3.支給額は学校の授業料額が上限となります。また、就学支援金は生徒本人に直接支給されるものではなく、学校が代理受領し授業料に充当します。
※4.所得確認の方法として、マイナンバーを利用することについては、詳細がわかり次第ご案内いたします。
○詳しくは文部科学省のホームページをご参照ください。→文部科学省「高校生等への修学支援」

 

県の事情・授業料等軽減事業とは

私立高校である本校は、授業料に「私立高等学校等就学支援金」等を充てても、なお納めなくてはならない授業料が残る場合に、この残りの授業料や入学金を軽減する事業を行っています。(就学支援金制度の要件に該当しない場合であっても、所得状況によっては授業料の軽減を行う場合があります。)
長野県では、このように授業料および入学金を軽減する事業を行った私立高校に対し、軽減相当額の補助金の給付をその私立高校(学校法人)に対し行っています。そのため、県が直接、家庭へ補助金を支給するものではありません。支給については、学校がこれを代行しています。
授業料等の軽減を受けるための具体的な手続き等については、入学後、該当する家庭に直接連絡します。
補助対象となる生徒1人あたりの補助額は下表のとおりです。

【平成30年度実績】

都道府県民税所得割および市町村民税所得割額の合計 授業料補助額(年額) 入学金補助額
A 非課税(0円) 授業料年額から就学支援金等(29万7,000円を限度)を控除した額1万5,000円 2万4,500円(1年次のみ)
B 8万5,500円未満 29万7,000円から就学支援金等(23万7,600円を限度)を控除した額5万9,400円
C 25万7,500円未満 一部、対象者となる場合があります。
D 50万7,000円未満 補助の対象となりません。 補助の対象となりません。
E 50万7,000円以上

※本校の授業料は年額 312,000 円です。

 

県の事業・奨学給付金とは

長野県では、全ての意志ある生徒が安心して教育を受けられるよう、授業料以外の教育費の負担を軽減するため、平成26年4月以降に私立高等学校等に入学した高校生等のうち、一定の所得以下の世帯に対して奨学給付金の支給を行います。要件に該当し、受給を希望される方は、期限までに申請書等を提出してください。この奨学給付金は、返済不要です。

【平成30年度実績】

区分 支給額(年額)
①生活保護受給世帯 5万2,600円
②市町村民税所得割額が非課税である世帯(①の生活保護受給世帯を除く) 第1子の高校生等 8万9,000円
ア.当該世帯に扶養されている兄弟姉妹で2人目以降の通信制以外の高等学校等に通う高校生等
イ.当該世帯に扶養されている高校生等以外に、15歳(中学生を除く)以上23歳未満の扶養されている兄弟姉妹がいる世帯の高校生等
13万8,000円

 

平成31年度 奨学金制度一覧

平成31年4月1日更新
教務係奨学金担当

・内容・募集・締切時期などについては変更の可能性があります。
・今年度の内容は、その都度詳細をご案内いたします。生徒に配布した案内のチラシをご覧ください。また、本ホームページでもご案内しておりますのでご確認ください。なお、不明点がある場合は教務係奨学金担当までご連絡ください。

地方自治体

募集団体名 制度 対象、貸し付け額、支給額 出願期間、締切時期、選考基準など
長野県教育委員会 高等学校等奨学金 全学年 月額30,000円貸与 毎月20日(12月まで)
中学成績2.6 高校成績2.4
経済的な問題では成績は問わない
高等学校等遠距離通学費 全学年 月額 上限26,000円貸与
(月額8,000円以上が対象)
同上。
寮・下宿等の費用も加算。
上田市教育委員会 上田市高等学校通学費等補助金 全学年 月額3,000円~5,000円給付
(市内区間定期代の20%)
市内距離片道13㎞以上。
前期:9月1日~9月20日
後期:3月1日~3月20日
各自申し込み。
上田市高校生を対象とした給付型奨学金 平成30年1月1日以前から引き続き上田市に住所を有する方 全学年年額60,000円給付 7月1日~7月31日
経済的理由で学費支出が困難な世帯(他の育英会併願不可)
安曇野市教育委員会 高校奨学生 詳細は本人に通知 12月
長野市役所こども未来部 長野市ひとり親高校生
通学費援護金
長野市内のひとり親家庭
通学費の1/2を給付
5月初旬まで 所得制限有
小諸市教育委員会 小諸市大津秀子奨学生 全学年 月額15,000円貸与 2月 経済的理由で学費支出が困難な世帯

各種団体

募集団体名 制度 対象、貸し付け額、支給額 出願期間、締切時期、選考基準など
日本学生支援機構 大学等予約奨学生 3学年
○第1種 貸与(無利子)
月額

国公立大学 自宅 45,000円
自宅外 51,000円
私立大学 自宅 54,000円
自宅外 64,000円
国公立短大・専修学校 自宅 45,000円
自宅外 51,000円
私立短大・専修学校 自宅 53,000円
自宅外 60,000円

○第2種 貸与(有利子)

月額3万、5万、8万、10万、12万円 から選択
年2回募集あり
第1種 成績3.5以上 所得制限有
第2種 成績中位程度 所得制限有
第1回募集 第1種と第2種
4月下旬募集案内
6月初旬締切
第2回募集 第2種のみ
9月下旬募集案内
11月初旬締切
給付型・・・成績基準なし(学内選考有り)、住民税非課税世帯または社会的養護を必要とする人
あしなが育英会 高校奨学生大学予約奨学生
全学年 月額30,000円貸与
3学年 一般月額 40,000円貸与
特別月額 50,000円貸与
5月・9月・12月・6月
保護者等が病気や災害もしくは自死などで死亡したり、それらが原因で後遺障害を負い、学費支出が困難な世帯
交通遺児育英会 高校奨学生大学・短大予約奨学生 全学年 貸与 月額2万、3万、4万円から選択
3学年 貸与 月額4万、5万、6万円から選択
入学一時金貸与 40万、60万、80万円から選択
毎月末(1月まで)
第1次 4月~8月
第2次 9月~1月
保護者等が道路における交通事故で死亡したり、著しい後遺障害で学費支出が困難な世帯
公益信託アフラックがん遺児奨学基金 高校奨学生 全学年 月額20,000円給 2月
がんによる主たる生計維持者を失った遺児で学費支出が困難なもの。
成績3.5以上
日本教育公務員弘済会 高校奨学生 全学年 10万円給付 6月 長野県在住の高校生で、経済的に学費の支弁が困難な者。

・昨年度実績をもとに掲載しております。内容・募集・締切時期などについては変更の可能性があります。今年度の内容はその都度詳細を案内いたします。下線が改訂内容です。