【AFSデンマーク留学通信12月号】村上​錬君

デンマーク長期留学
学校:Silkeborg gymnasium

期間:平成29年8月〜30年7月
氏名:村上 錬(2年)
デンマークに来てほとんど半年が経ちました。ホストファミリーとの関係はとても良く、毎日一緒にいて、幸せで安心します。
先々週くらい日本の生活が懐かしくなって来ましたが、ここでの生活が充実しているので何事もなく生きています。
11月の後半に学校がパーティーを開きました。前回のパーティーと違い、男子は正装着と仮装仮面をつけなれけばならなく、女子は、ドレスと仮面をつけるのが一般的なルールでした。 パーティーが始まる数時間まえに学生それぞれ友達の家で小パーティーを開いて、盛り上がってから本パーティーに行きます。

クリスマスと新年は、両方とも休暇があるので、約二週間くらいでした。クリスマスでは、自分のホストファミリーの親戚や両親と集まって、JUL FROKOST と言うパーティーをクリスマスイブの夜にやりました。僕はホストペアレンツとその両親と彼らの兄弟に、服などのプレゼントを貰いました。自分からは、この前のパーティーで会った同い年の女の子にイヤリングとクッキー
をデートの日にあげました。ジムは、ホストブラザーやクラスの友達たちと一生懸命続けています。新年では他の友達たちと集まってパーティーと花火をたくさんやりました。
明日から学校が始まるので早めに寝たいと思います。

【コーディネーターより】異国の地で生活する中で、第二の家族と呼べるような居心地のいいホストファミリーに出会えるのはとてもラッキーなことですね^^休暇もあり、友達と遊ぶ時間も多いようですね。季節のイベントなど、また詳しく教えてください。休みが明けるということで、学校の様子も報告待っています♪  国際教育係