【豪CCGS留学通信5月号】塚田来夏さん

オーストラリア・CCGS長期留学

学校:Central Coast Grammar School
期間:平成30年2月~5月
氏名:塚田 来夏(3年)

【今月の出来事】

いよいよ帰国となります。オーストラリアで過ごした3ヶ月間は長いようで本当にあっという間でした。

先月は四日間のキャンプがありました。私はパドルボートとカヌーとアブセイリングを体験しました。アブセイリングは本当に怖くて、一歩を踏み出すのに時間がかかりました。
休憩時間など空いてる時間はグループのみんなでUNOをしたり、テニスボールと木でバットを作りクリケットをしたりして楽しかったです。みんな優しく接してくれて、英語がわからない時も繰り返して説明してくれて助かりました。しかし、最終日に一
人一人キャンプの感想を言う時、上手く感想を言うことができずとても悔しかったです。もっともっと勉強しなきゃと改めて思いました。四日間すごく疲れたけど、貴重な体験が出来ました。

そして、2週間の秋休みには、ホストファミリーと一緒に1週間クイーンズランドに旅行に行って来ました。そこでは、オーストラリア動物園やジンジャーファクトリーに行ったり、ウォータースライダーや海で泳いだりしました。動物園では実際に蛇やコ
アラに触れることができました!4月25日のアンザックデー には、テリガルビーチの近くで集会が行われ、参加して来ました。
朝5時からの早朝でしたがCCGS以外からもたくさんの生徒が集まっていました。

3ヶ月間、辛かったこと悔しかったこと色々ありました。でも、その分楽しいことがたくさんありました。自分が目標にしていた「友達を作りオーストラリアの文化を学ぶこと」が達成できたと思います。本当にたくさん良い経験ができました。帰国してからももっと勉強をして英語を伸ばしたいです。

【コーディネーターより】

留学前にたてた目標を達成できたと実感できるような留学になり、良かったですね。3か月間でできるようになったこと、できなくて悔しかったことなど色々あると思いますが、オーストラリアの文化や人々に触れる中で経験したことを帰国後の生活に存分に生かしていってください。   国際教育係