【豪BDC通信7月号】日詰杏さん

学校:Bishop Druitt College、オーストラリア•コフスハーバー
期間:4月~10月
氏名:日詰杏(3年)

<マンスリーレポート7月号>

オーストラリアでは、6月下旬から7月にかけてWinter holiday があります。私はそのお休みでシドニーにあるホストファミリーの祖父母のお家に、1週間泊まりに行きました。

行きは飛行機、帰りは電車で8時間、という長旅でした。
シドニーでは、おばあちゃんとホストシスターと一緒に観光をしました。定番のオペラハウスやハーバーブリッジなどの見物です。ハーバーブリッジでは橋を歩いて渡ました。
橋からの景色はとても素敵で、オペラハウスが見えたり青空が広がっていたり、空気も澄んでいて贅沢なお散歩になりました。その後はフェリーに乗りました。現地の人は電車やバスに乗るのと同じ感覚でフェリーを利用するそうです。フェリーでもオペラハウスやハーバーブリッジが見え、色々な角度から見物することができました。
シドニーにいる1週間の間に、おばあちゃんのお誕生日がありました。なのでホストシスターと一緒にショッピングセンターでキャンドルを買い、サプライズでプレゼントしました。すごく喜んでくれて、嬉しかったです。
その他にも、みんなで一緒にケーキを焼いたり、映画を観に行ったり、充実した1週間になりました。
沢山の経験をさせてくれるホストファミリーに感謝です。

【コーディネーターより】有意義な休みになってよかったですね。シドニーは都会の雰囲気で、コフスハーバーとは違った空気や生活を感じられたのではないでしょうか。色々なところへ行ってみて、また発見があったら教えてください。  国際教育係