ご挨拶

理事長あいさつ

昭和35年、「この地に私立学校を」という地域の悲願から本学園は生まれました。創立当時の地域の教育への情熱を誇りに、「自己の尊重」「他人の尊重」「事物の尊重」をめざし、自主性・社会性を身につけた人材の育成に取り組んでおります。
昭和62年には、現在地に校地を移転拡大し、しなの鉄道西上田駅から徒歩5分という、利便性においても規模においても、全国有数の教育環境が整いました。千曲川に接し日本百景「岩鼻」を望む校地は2万坪を超え、野球とサッカーの2つのフル規格グランドに囲まれ、中央に開放的な洋式庭園をかかえて校舎が展開します。自然、空間のゆとりが感性豊かな青年を育てます。

理事長 水野 一成

学校長あいさつ

現在はグローバル化が急速に進み、貧困・暴力・環境・食糧・エネルギー問題、異文化の対立など、世界はさまざまな問題に直面していますが、これらの問題は私たちの生活に密接に関連しています。さまざまな課題を解決し、私たちと私たちの子孫の未来の社会持続できるように、私たちは「世界市民」だという自覚が重要です。言い古された言葉ですが、Think globally, act locally.「地球規模で考えて、地域で行動する」ことが大切です。このために必要なのが主体的・協働的な学力なのです。本校では通常の授業だけでなくクラス行事・学年行事・生徒会行事・クラブ活動、探究学習週間等で、皆さんが主体的に協働して課題解決能力を高める機会が豊富にあります。
また、一番重要で基本となる日々の授業や学習・進路実現のサポートにおいても、全職員が丁寧できめ細やかな指導を行っております。生徒の皆さんが人間的に大きく成長しますように、職員一同全力で取り組みます。

学校長 本美 伊佐夫

PAGE TOP

Contact Us