2018.11.1

【華道部】学生いけばな競技会優勝・山崎舞さん最優秀賞

クラブ速報

第2回小原流長野地区学生いけばな競技会に、本校華道部が団体で出場し、見事、優勝をしました。また、個人では山崎舞さん(3年)が最優秀賞を受賞しました。

第2回小原流長野地区学生いけばな競技会

日時:10月7日(日)

方式:花は次の3点(ヒぺリカム2本、ガーベラ3本、葉蘭2本)を用いて自由に花を生ける。また、器は指定のものを使用する。

制限時間:40分以内

団体戦:5名の作品の総合評価

結果:<団体>・・・優勝 <個人>・・・最優秀賞:山崎舞

最優秀賞の山崎さんに聞きました。

Q1今回の作品に込めた思いは?

A1いい作品を創ろうというより、花の良さを生かそうと思いました。今回は動き、流れをつくろうと思いました。それが、緑の葉蘭に表現されています。華道では花を決して折ってはいけません。その制約の中で、考えたのが今回の作品です。生活空間に合うように工夫しました。

Q2花を生ける時に心がけていることは何ですか?

A2常に花と対話するようにしています。花の良さを活かすことです。

Q3花の良さを活かすとはどういうことですか?

A3花が一番美しく見えるようにするということです。そのためには、花の枚数、大きさ、光の当たる角度が大切です。そこに気を遣います。

Q4華道が教えてくれたことは?

A4身の回りの物を大切に扱うようになりました。

華道部の皆さん、おめでとうございました。美しい花に癒されます。忙しい毎日の中で、心に安らぎを感じる瞬間を持ちたいものです。

 

PAGE TOP

Contact Us