2019.7.1

【硬式テニス部】北信越高校総体結果報告

クラブ速報

令和元年度 北信越高等学校体育大会 結果
( 第53回 北信越高等学校テニス選手権大会 男子団体の部)
テニス部顧問 正村 荻原 齋藤
期日:2019年(令和元年)6月14日(金)~6月16日(日)
会場:富山県岩瀬スポーツ公園テニスコート
上田西総体北信越予選 団体戦レギュラーメンバー

男子
鈴木 礼矢 3年1組
塩川 和生 3年3組
勝木 拓身 3年5組
中島 徹太 3年6組
前所 武龍 2年3組

結果
男子 団体戦 1R敗退
1位敦賀気比 2位 松商学園 3位 金沢 4位 東京学館新潟
1回戦(1R7)
上田西 0-3 金沢泉丘

塩川 和生③・鈴木 礼矢③(上田西) 3-6 保志場圭佑③・東光翼①(金沢泉丘)
S1
中島 徹太③(上田西) 2-6 池田健太郎③(金沢泉丘)
S2
前所 武龍②(上田西) 5-7 津田丞太郎③(金沢泉丘)

『北信越総体を終えて』(男子テニス部員 3年6組 中島 徹太)
6月14、15日、16日に総体の北信越がありました。2回目の北信越と言うこともありあんまり緊張などはしませんでした。自分達の相手は石川代表の金沢泉丘でした。自分達がやってきてきた事をやるだけだったので全力で勝ちにいきました。ですが、自分が思っているよりも相手は強く3-0で負けてしまいました。北信越はやっぱり強かったです。負けはしましたが、試合を楽しむ事ができて、悔いはありません。1、2年生にはまたこの舞台に戻ってきてリベンジして欲しいと思いました。この北信越で、団体戦は最後でしたが、このメンバーで2回も北信越に行く事ができて本当に嬉しかったです。お世話になった周りの人に感謝をして色々な場面でもっと成長していきたいです。

一つ上の先輩たちを北信越に連れて行けず、どうしようもない悔しさで泣きじゃくっていた姿が今でも目に浮かびます。多くの悔しさを味わいながら、でもその壁に負けじと乗り越え、ここまで強くなり、北信越出場を新人(選抜)と総体と果たすことができました。ここに来るまでには、本当に多くの方々にお世話になりました。朝学校4時出発の過酷な遠征に送迎して頂ける頼もしい保護者の方々。松商学園をはじめ上田西の練習試合を引き受けて下さった県外・県内の高校の顧問の先生方。合宿・練習マッチを引き受けて下さった名古屋経済大学、上武大学。山梨・新潟・千葉・埼玉・群馬などなど本当に色んなところに遠征に行きました。眠い眼をこすりながらマイクロバスを運転し、いびきをかいている生徒の姿を見て腹の立つこともありましたが、この3年生ともう遠征がない、練習がないことを思うと素直に寂しい気持ちが込み上げてきます。飛び抜けて強いエースがいない中、3年生を中心とした力強いチーム力で北信越出場を叶えることができました。3年生全員、高い北信越のステージにみんなを連れて行ってくれてありがとう。ななみ、あやな、マネージャーありがとう。たいよう、しゅうた、かずき、あやな、みさき、部長・副部長ありがとう。上田西テニス部を支えてくれた全ての方々に感謝申し上げます。テニス部顧問 正村真一

 

北信越高校総体結果 詳細

http://k-t-tym.com/r01hokushinetsu/files/team.pdf

PAGE TOP

Contact Us