2019.11.25

【陸上部】北信越高校駅伝 8位

クラブ速報

北信越高校駅伝結果

日時:11月24日(日)

大会名:北信越高校駅伝大会

場所:大町市運動公園発着 42.195km

結果:男子8位 2時間15分10秒

1区 10km   花岡寿哉(1年) 区間9位

2区 3km    益山颯琉(1年) 区間5位

3区 8.1075km 小板橋恭征(2年)区間8位

4区 8.0875km 依田健汰(2年) 区間8位

5区  3km    齊藤拓夢(2年) 区間10位

6区  5km    征矢快誠(2年)  区間10位

7区  5km    小林琉弥(3年) 区間11位

 

北信越高校駅伝が長野県大町市で行われました。今年は全国大会が記念大会となり、県代表を除く最上位校は地区代表として全国大会に参加できるため北信越は全国大会を目指す戦いとなりました。

1区は県大会で同じ区間を区間2位で走り勢いのある1年生の花岡が走りましたが、試合中に足の裏にマメを作ってしまうアクシデントもあり1区9位発進となりました。2区は同じく1年生の益山が果敢に攻める走りを見せ区間5位の走りで前との差を詰めると、3区小板橋も前を積極的に追う走りで、一つ順位を上げ8位に浮上します。4区依田、5区齊藤、6区征矢と8位をキープし、アンカー7区はメンバー唯一の3年生の小林が堅実な走りを見せ、県大会の記録を1分近く更新する8位でのゴールとなりました。

駅伝は流れが大事なので1区で出遅れてしまい地区代表を目指すには厳しい展開となってしまいましたが、県大会で思うような走りができなかった上級生達が北信越大会では奮起し、粘りの走りをしてくれました。

地区代表には届きませんでした、1区の出遅れを2区以降の選手が懸命になってカバーしタスキを繋ぐこと、チームとしての駅伝はできたと思います。

北信越大会を経験し、全国を目指すにはまだまだ力が足りないことを感じたので、今回見つかった課題にしっかりと向き合いながら、チームとしても個人としてもレベルアップしていきたいと思います。

大会にあたり応援に駆けつけていただいた保護者、OB、関係者の皆様にはこの場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございました。

PAGE TOP

Contact Us