2020.2.17

【陸上部】U20選抜競歩大会 及び 西脇多可新人駅伝大会 結果

クラブ速報

日時 :2月16日(日)
①大会名:U20選抜競歩大会 10km競歩
場所:兵庫県神戸市 六甲アイランド甲南大学周辺コース
結果:高橋響希(3年)37位 45分26秒・田口紫音(1年)38位 45分27秒 自己新

②大会名:西脇多可新人駅伝大会 42.195km
場所:兵庫県西脇市 北はりま田園ハーフマラソンコース
結果:上田西高校 50位 2時間15分49秒
益山(1年)・花岡(1年)・依田(2年)・手塚(2年)・内田(2年)・齊藤(2年)・小板橋(2年)

兵庫県においてU20選抜競歩大会と西脇多可新人駅伝大会が行われ、陸上部の競歩組と駅伝組がそれぞれの大会に出場しました。
U20選抜競歩大会に出場した高橋と田口は初めての全国大会出場でしたが、2名とも積極的にレースを進め中間点の5kmを5000mの自己ベスト記録で通過しました。後半の5kmも大きくタイムを落とすことなく2名揃っての45分台30番台でのフィニッシュとなりました。高橋は元旦競歩で44分台を出していたので自己記録更新とはなりませんでしたが、高校最後の全国大会でしっかりと力を発揮してくれたと思います。3年間お疲れ様でした。1年の田口は初めての全国大会で自己記録を3分更新するすばらしいレースでした。まだまだ伸びしろがあり、まだ1年生のため、来年度は更なる飛躍が期待されます。
西脇多可新人駅伝は全国から強豪校といわれる高校が数多く出場する大会です。上田西高校は今回初めて参加しました。チームは故障者や不調の者が数名いてベストのオーダーを組むことができず苦戦を強いられました。しかし、走った選手は今持っている力を最大限発揮し2時間15分台でタスキをゴールまで繋ぎました。タイム的には今の現状を考えるとまずまずでしたが、強豪校が数多く参加していたのでもっと勝負したかったです。大会では多くの収穫があった半面で課題も多くみつかったので、あと1か月しっかり練習を積んで、地元で行われる「春の高校伊那駅伝大会」ではしっかり勝負したいと思います。

PAGE TOP

Contact Us