2015.9.6

【硬式テニス部】新人戦東信大会

クラブ速報

「新人東信予選を終えて」 (2年2組テニス部 男子部長 有吉玲雄)

 選抜の東信予選戦ってきました。
 選抜はシングルス3本、ダブルス2本の5本の試合の内3勝した方の勝ちです。県大会に進めるのは4位までです。男子はメインドローのトーナメント戦を行い、優勝したチームは県大会出場、負けたチームは順位戦を行い2~4位に入れたチームが県大会出場になります。目標は男女とも優勝して県大会に進むことでした。男子の1試合目の相手は野沢北高校と佐久総合高校の勝者で野沢北高校が勝ち上がってきました。
 相手は1勝して調子を上げてきていて西高は初戦だったのでみんな試合前は少し緊張してたけど試合になると応援の力もあってみんな実力を発揮して5-0で勝利することができました。1試合終えて緊張もほぐれてきて次の染谷丘高校にも3-2で勝利することができました。
 ついに、決勝の舞台で相手は去年の優勝校の上田高校でした。3面展開でS1.D2.S2が最初に試合に入りました。自分は相手の高橋君とS1の試合でお互いブレイクを許さずずっとサービスゲームをキープする展開で、試合をしている途中で仲間たちの試合が終わっていって1勝2敗になっていることがわかりました。もう自分が負けたら負けになってしまうという後がない状況でプレッシャーも感じたけど仲間の応援に支えられました。その後もお互いサーブをキープしてタイブレークに突入しました。
 タイブレークもお互いサービスポイントをキープする中自分が1ポイントブレイクを許してしまいました。
そのブレイク1ポイントを最後まで返せずに負けてしまいました。その瞬間西高の負けが決まり優勝を逃してしまってすごい悔しかったです。
 負けてしまった西高は2位決定戦があります。相手は順位決定戦を順当に勝ち上がってきた染谷丘高校でした。
1度勝った相手だけど今度は相手は勝ち上がってきて、西高はさっき負けたばかりで精神面で明らかに相手が有利な状況でした。
試合はS1とS2が勝ちでD1とD2が負ける2-2の接戦になりました。勝敗はS3にかかっていたので全員でその試合を応援しました。S3の鈴木君はすごいプレッシャーを受けていたと思うけど応援の力もあって勝つことができました。
 結果、東信2位で終わってしまったけど県には進めたのでこの1敗を勝ちに変えて県大会では北信越を目指して頑張ります。

 応援してくださった方々、大会を運営してくださった方々、大会に関わってくれたすべての方々、ありがとうございました。 

「新人東信予選を終えて」 (2年1組テニス部 女子副部長 柴崎玲奈)

選 抜大会東信地区予選があり、女子は7校の総当たりで戦いました。シングルス3本、ダブルス2本の団体戦で、私達は、“優勝”を目指を目指していました。1日目は4試合を行い、西高は全勝の好スタートとなりました。全員が心を一つに、良い雰囲気で試合に臨むことができました。
 2日目は、さらに気持ちを引き締め、強い気持ちを持ってコートに向かいました。初戦の対戦相手は、同じく初日全勝の染谷丘高校。2ー2になり、勝敗は私達のダブルスの結果にかかる状況での試合となりました。誰よりも元気良く声を出し、お互いに声を掛け合いました。試合は、なかなか決着がつかずタイブレークへ。正村先生に「あとは気持ちだ」と言われ、二人で心を一つに強気で戦いました。ポイントを取れば取られ、なかなか二点差をつけることができず、逆にリードされタイブレーク5ー7で負けてしまいました。その後、上田高校に勝ち、この大会の結果は2位。
 みんなが大きな声で応援してくれたにもかかわらず、勝てなくて本当に悔しかったです。プレッシャーのかかった試合で、いつものラリーができなかったこと、ボレーに入れなかったこと、あの時の悔しさを忘れず、もう悔しい思いをしないために、今回の試合で見つけた課題を克服し、県大会では北信越大会に出場できるように、練習から頑張っていきます。
 この大会を支えていただいた皆さん、応援してくださった皆さん、ありがとうございました。そして、県大会でも引き続き応援をよろしくお願いします。

PAGE TOP

Contact Us