2016.5.30

【陸上部】県高校総体7種目で北信越大会出場!

クラブ速報

長野県高校総体の結果 7種目で北信越大会出場決定!

5月27日から29日の3日間に渡って県高校総体が行われ、東信大会を勝ち抜いた19名の選手が出場しました。

北信越大会に出場するためには各種目で6位以内に入らなければなりません。県大会6位以内という狭き門に選手達は挑戦しました。

今年は例年になく多くの種目で北信越を狙えるチャンスがありました。しかし、勝負の世界は厳しいもので6種目(男子400m、女子400m、女子100mハードル、女子400mハードル、女子4×100mリレー、女子4×400mリレー)で7位となり北信越にあと一歩届きませんでした。

3000m障害で西村が優勝など、6名の選手が北信越を決められて嬉しい反面、6種目で北信越を逃した悔しさもあり複雑な心境です。

選手達はこの3日間で泣いた数の方が多かったのではないかと思います。辛い結果にはなってしまいましたが、県大会で正々堂々戦った選手達にお疲れ様と言いたいと思います。

今回、北信越に駒を進められなかった選手分も北信越に出場する6名は頑張って戦ってくれると信じています。次は全国大会への挑戦です。チーム一丸となって頑張ります。

<結果>

男子 3000m障害 優勝 西村涼太(3年)・4位 長谷川潤(2年)

5000m   2位 西村涼太(3年)・5位 甘利大祐(2年)

女子 200m     5位 柳沢華歩(3年)

100mハードル 4位 田中祐里(3年)

400mハードル 5位 高橋うらら(2年)

6名は6月17日~19日に石川県で行われる北信越高校総体に出場します。

PAGE TOP

Contact Us