2016.7.14

【陸上部】長野県選手権大会~東海選手権出場決定!~

クラブ速報

長野県選手権大会の結果 東海選手権出場決定

 7月9日(土)、10日(日)の2日間に渡って長野県選手権大会が行われました。力のある一般、大学生も出場し、長野県内の数ある大会の中でも最もレベルが高い大会です。
 また、この大会は8月末に愛知県で行われる東海選手権の予選でもあり、8位に入賞すると出場の権利が得られます。東海選手権を目指して参加標準タイムをクリアした選手17名が出場しました。

 結果は10種目で入賞し、その内の8種目で東海選手権に出場することが決定しました。東海選手権という更にレベルの高い大会でも勝負できるように頑張ります。
 今大会を最後に3年の増田凌、松本光平の2名が引退となりました。短距離男子を長い間引っ張ってくれた2人の功績は非常に大きなものだったと思います。最後の大会で納得する走りはできなかったかもしれませんが、最後まで諦めずに戦った姿勢は後輩に受け継がれていくことと思います。2人ともお疲れ様でした。

<主な結果>
男子 3000m障害 2位 西村涼太(3年) 3位 長谷川潤(2年)東海選手権出場

   10000m 8位 児玉天晴(3年)

女子 400m 6位 白石舞(2年) 東海選手権出場

  100mハードル 6位 高橋うらら(2年) 7位 田中祐里(3年) 東海選手権出場

  400mハードル 3位 高橋うらら(2年) 8位 田中祐里(3年) 東海選手権出場

  4×100mリレー 6位 (白石舞・柳沢華歩・田中祐里・高橋うらら) 東海選手権出場

  4×400mリレー 4位 (白石舞・柳沢華歩・田中祐里・高橋うらら) 東海選手権出場

PAGE TOP

Contact Us