2016.8.4

【陸上部】全国高校総体結果

クラブ速報

全国高校総体結果

7月29日から8月3日までの6日間に渡って全国高校総体の陸上競技大会が行われ、陸上部の西村涼太(3年)が3000m障害に出場しました。
  昨年は北信越大会であと一歩のところで全国を逃し、今回の全国大会は初出場でしたが、今年の県大会で優勝し、北信越大会でも2位に
入るなど全国でも十分戦えるだけの力つけてきていたので、全国大会は決勝進出と8位入賞を目標に試合に臨みました。

  8月1日(月)に3000m障害の予選が4組行われ、各組3着までが自動的に決勝に進み、タイムでプラス4名が決勝に進むことができます。
 西村は4組目最終組で出場しました。 4組目には倉敷高校の外国人がいましたが、予想に反してスローペースでレースが進み、2000m過ぎた辺りから一気にペースアップしました。それまで集団の2、3番手につけていた西村はペースアップに対応できず、5着でゴールし、決勝には進むことができませんでした。
  全国で勝負することを目標にやってきたので、全国に調子を合わせられなかったことができず、決勝に残れなかったことは非常に残念です。
 西村の全国総体は予選落ちという結果に終わってしまいましたが、全国の舞台に立ち、全国の強豪たちと共に走り、全国を肌で感じられたことは良い経験になったと思います。

8月27日、28日には大阪で全国選抜陸上大会があり、西村は2000m障害に出場するので、そこでは今回の経験を活かしたレースをしてほしいと思います。

今回の全国大会出場にあたり多くの方々から応援をいただきました。ありがとうございました。全国での経験をチームの財産として、チームとしても更に飛躍していきたいと思います。

<結果>
西村涼太(3年) 3000m障害 予選4組 9分21秒 5着 (予選敗退)

PAGE TOP

Contact Us