2016.9.29

【硬式テニス部】県新人戦を終えて(男子)

クラブ速報

平成 28 年 度
長野県高等学校新人体育大会テニス競技大会
兼第39回全国選抜高校テニス大会長野県大会

日  時:9月24日(土) 曇り、9月25日(日) 晴れ
会  場: 松本市浅間温泉庭球公園
主  催: 長野県高等学校体育連盟  長野県教育委員会 
<結 果>
男子 準優勝 北信越大会出場 10月28日29日 岩瀬スポーツ公園テニスコート
女子 第3位 

「新人戦県予選を終えて」 北沢勇志(男子部長2年1組)

上田西高校テニス部の全体目標は男女北信越大会出場で、東信大会では男女共に優勝することができ県予選には良い状態で行くことが出来ました。学校での最後の練習では全員で円陣を組み県予選に向けて心の準備をしました。
9月24、25日と新人戦県予選があり、 前日から松本に行き最後の調整しました。前日練習ではチーム全体ピリピリした雰囲気は無く、元気よくリラックスした状態で取り組むことができたと思います。
 コートのコンディションも良くメンバー外の部員が積極的に動いてくれたおかげで練習に集中する事ができました。
1日目朝練をしてから会場に行きました。
会場に行くと地区予選とは全く違った雰囲気を感じました。開会式では北信越に行きたいという気持ちと同時にこの数ある高校の中から勝ち上がって行くことの難しさを改めて感じました。
男子初戦は飯田OIDE長姫で私は団体戦の雰囲気に慣れず苦戦をしました。外から見るのとコートに入るのとは全く雰囲気が違い、責任の重さを感じました。
 2回戦目は長野南でS1、D1、S2を取り3-0で勝ちました。それぞれとても内容の良い試合でした。そして2日目に残ることができ、北信越出場に一歩近づくことが出来ました。
2日目の準決勝は諏訪清陵でこの試合は北信越出場に重要な試合でした。3-2ととてもギリギリの試合でした。最後D2が追い上げられましたが、最後までいつもどおりの動きができ勝つことが出来ました。
 決勝では松商学園に圧倒的な差で負けてしまい、予想していた事とはいえとても悔しかったです。
 順位戦では再び諏訪清陵との対戦になり6月にあった高校総体での失態をまた繰り返さないようにみんなで気持ちを切り替えました。一度勝った相手にもう一度勝つことは難しい事です。結果は3-1で勝ち北信越出場が決定しました。最後の試合では私は本当にみんなをハラハラさせる試合をしてしまいましたが、チーム全体の応援のおかげでなんとか勝つ事が出来ました。
今回の新人戦県予選で目標であった北信越出場を達成できた一番の勝因はチーム全体で戦えた事です。選手達の気持ちも応援も北信越出場にふさわしいものであったと思います。また、顧問の先生方を始め保護者の皆様のご協力があっての勝利だと思います。本当にありがとうございました。これからよろしくお願い致します。
 まだテニスの技術もチーム力も足りないと思います。北信越にふさわしいチームになるよう努力していきます。
次の目標は「全国大会出場」です。

PAGE TOP

Contact Us