2016.10.31

【硬式テニス部】第39回全国選抜高校テニス大会 北信越大会

クラブ速報

第39回全国選抜高校テニス大会 北信越大会

期  日:平成28年10月28日(金)~10月30日(日)雨天順延 
     10月28日 公式練習 開会式 10月29日 試合開始
会  場:富山県富山市岩瀬スポーツ公園テニスコート
競技方法:男女とも7~9人登録で複2,単3の対抗戦。トーナメントで行う。
     選手は単複兼ねない。
     1・2回戦は5ポイントを行い、準決勝・順位決定戦はポイントが決まり次第打ち切る。

<上田西レギュラー男子(9名)>
薮 田 樹彩亜② 内 山 雄 介② 鈴 木 涼 斗② 北 沢 勇 志② 内 堀 広 大①
堀 内 雅 哉② 別 府 汰 一② 栁 沢 彰 吾① 古 橋   陸①

<結果>
1R
上田西(長野第二代表) 2-3 富山第一(富山第二代表)
S1 藪田樹彩亜② 4-6 中川俊也②
D1 内山雄介② 内堀広大① 1-6 田近健斗①岡田拓海②
S2 鈴木涼斗② 6-2 織田眞慧①
D2 別府汰一②古橋陸① 2-6 池田光希②松田悠希②
S3 北沢勇志② 6-1 野村優斗②

 大会前日、「先生、ラインで男子に動画を送りました。」と女子・保護者から熱いメッセージが大会前に届けられました。開会式、堂々と長野県代表として胸を張って行進。色々な想いを胸に富山第一高校との1回戦に臨みました。
 大会当日朝、松商学園や屋代高校と朝練習を5時30分に、ホテルの朝食を食べた後に行いました。朝練習を開始して少しすると、土砂降りの雨が降ってきました。その中でも声をあげて雰囲気を盛り上げようとしていた部員の姿がありました。
 会場に着くと、雨のため、試合開始が当初より1時間遅れました。内山さんがマイクロバスを運転し、生徒と保護者の応援部隊を連れてきてくれました。

S1藪田。全国大会出場している強者に対して一歩もひかない試合展開。最後に相手の勝負強さに離され4-6。
D1内山・内堀。悔しくも力の差を感じたダブルスでした。1-6。
S2鈴木。安定力抜群の試合でした。6-2。
D2別府・古橋。相手の雰囲気に飲まれ、自滅気味のダブルス。奮起。2-6。
S3北沢。ベンチから見ていてこんなに頼もしい・力強い勇志ははじめてでした。あの県予選の諏訪清陵戦は何だったのでしょう。応援に来てくれたお祖母ちゃんのお蔭?6-1。

 結果、2勝3敗で初戦敗退。全て監督責任です。富山第一に勝利して、東京学館新潟に挑みたかったですが、悔しい限りです。北信越の舞台で『後悔』したことを次のステージで活かさなかったら、本当の『敗者』です。できなかったことを分析し、自分の『課題』として取り組んでいきましょう。敗戦後に味わった『悔し涙』を忘れずに。
 来週11月5・6日とすぐに新人選手権県大会、11月12・13日と私立北信越大会です。
遠方の富山まで、応援・バス送迎など多方面に渡り、協力して下さった保護者の方々、ありがとうございました。来週も、修学旅行関連の送迎含めてご協力をお願い致します。

硬式テニス部顧問 正村

PAGE TOP

Contact Us