2017.1.7

【硬式テニス部】全国私立高等学校テニス選手権大会北信越予選

クラブ速報

全国私立高等学校テニス選手権大会北信越予選

期 日 平成28年11月12・13日(土日)
会 場 松本浅間温泉庭球場・豊科南部テニスコート

男子テニス部員 内山雄介(2年5組)
 「僕たちは新人戦の北信越大会が終わった後に私学の北信越大会がありました。私学の北信越大会は、新人戦の北信越大会とレベルが同じくらいで周りはどこも強敵ばかりでした。
 初日に、僕たちは団体戦で一回戦目に北信越でも上位にいる、敦賀気比高校と試合をしました。去年もこの大会で一回戦目に敦賀気比高校と当たって負けてしまいました。今年は負けてしまったけれどもとても惜しいところで負けてしまいました。そして順位戦に周り、新潟の明訓高校と当たり負けてしまいました。その試合で思ったことは、みんな一回戦で負けてテンションが下がったまま順位戦に臨んで流れが悪く勝てる相手にも負けてしまったので、これからの団体戦では、惜しいところで負けてしまった試合の後の順位戦などでは、負けてしまった試合はもう切り替えて、次の試合絶対勝とう、という意識を持ち、臨んで行けたらいいと思いました。
 2日目は個人戦でした。総体の団体戦を見据えて、シングルに出る人はシングルのトーナメントに出て、ダブルスの試合に出る人は、ダブルスのトーナメントに出ました。シングルの人やダブルスの人たちもあまり納得いく結果とはいかなかったけれども、この大会で得るものはとても大きかったと思います。春にはとても大事な大会が控えているのでそれまでにみんなでまた一段と強くなり、良い結果を残せるようにしたいです。」

PAGE TOP

Contact Us