2021.11.20

【英語表現】英語ディベート大会

国際教育

2学年選択1の英語表現の授業では、数年前よりディベートを授業に取り入れております。英語を使ってディベートをすることによって、英語力の向上を意図しています。各クラスごとにチームを作り、総当たりで対戦してきました。そして、英語科と生徒によるジャッジによって勝敗を決めています。先日18日(木)に行われた決勝戦にお邪魔しました。

お題が与えられ、affirm(肯定派)と negative(否定派)に分かれて討論が行われました。

チームで相談し、助け合い、戦略を練る姿が印象的でした。また、それを見守る、惜しくも決勝戦に行けなかった生徒たちの態度もすばらしく思いました。

このような体験を通して、英語をもっと使いこなしたいという気持ちになるのではないでしょうか。そして、英語を知るということは、国語の力も向上させることと感じました。優勝チームの2年6組の皆さん、おめでとうございました。最後は全員の健闘を称えて、拍手で幕を閉じました。

PAGE TOP

Contact Us