2016.10.27

【アメリカYFU交換留学通信10月号】塩入花蓮さん

国際教育

アメリカYFU交換留学 (イリノイ州 マリオン)
氏名:塩入花蓮(2年)
期間:平成28年8月~29年7月

<月例レポート10月号>
 先月この記事を書いたときはまだ日中は暑かったのですが、すっかり秋になり朝晩は10℃を下回ることも多くなってきました。日本では暖房などをつけ始める頃だと思うのですが、まだ私の高校は冷房がかなり強めについているので校内がとても寒くて困っています。ホストマザーがチキンスープを作ってくれました。具沢山で体温まるおいしいスープでした。ホストマザーはとても料理が上手で日本に留学していたこともあるので日本食もよく作ってくれます。

 今月はとてもイベントごとが多く慌ただしくすぎていました。まず、アメリカに来て一番緊張したのが Fall choir concertです。先月選択したクラスについて書きましたが、その中の一つの音楽(混同合唱)のクラスでコンサートがありました。学校内のクラスですが、歌唱テストもコンサートの前にあり、日本の授業より本格的です。そのコンサートで、ソロパートを貰うことが出来ました。ソロパートを歌うときは、皆より前に出てマイクを使って歌うのでとにかく緊張しましたが、沢山練習した甲斐もありクラスメートや来てくださったお客さんに “Good job Karen!” と言ってもらえました。とても楽しんで歌うことが出来たので、これから行われるミュージカルやコンサートも頑張りたいと思います!
 そして日本では体験できないアメリカならではのイベントが”Homecoming” です。ホームカミングというのは卒業生が帰ってくるという行事ですが、もちろん在学中の生徒が一番楽しんでいます。一週間ホームカミングウィークという週があります。私の学校はDisney weekということで毎日決まったテーマに合わせて色んな格好をしました。観光客の日があったので日本から持ってきていた浴衣も着ました。皆に着物素敵だね!と言われました。なぜかはわかりませんが皆浴衣ではなく、着物は日本の服ということを知っていました。浴衣と着物の違いを話すのが大変でした。そして金曜日はパレードとフットボールの試合が行われました。毎試合沢山の人が見に来ますが、この試合は特に観客が多かったです。この試合前にSenior(高校3年生)の選手たちを表彰を行い、アメリカ軍に所属しドイツで暮らしているお兄さんがその試合を観に帰ってくるというサプイズもありました。その日のゲームは圧勝しました。応援もすごく熱く見応えのある試合でした!最後に、土曜日は学校でダンスパーティーでした。特に女の子はこのイベントを一番楽しみにしています。私も友達と参加しました。ダンスパーティーの前に綺麗にドレスアップして学校の体育館がダンスパーティー用にデコレーションされ、音楽をがガンガンに流して踊りまくりました!アメリカにいるんだなぁと一番実感した時でした。

 学校は相変わらずテストやエッセイなどの課題が多く大変ですが、成績はぎりぎりAを保つことが出来ているので、このまま頑張っていきたいです。慣れてきたので新しいことにも挑戦したいなと思っています!学校は家から少し距離があるのですが、スクールバスが区域ごとにあるので困ることはありません。ですが、スクールバスは小中高全生徒が使うので学校が始まる1時間以上前に出発し、放課後は授業終了後5分もせずに行ってしまいます。なので乗れない時も多々あります。日本の様に電車で通学している子は一人もいませんが、日本と違って車の免許を持っている学生が沢山いるので乗せてもらっています。もちろん私は運転できないので、車が運転できる友達がとっても羨ましいです。日本のように家から少し歩けばコンビニがある訳ではないので、車なしでは少し不便です。どこか遊びに行くにも迎えにきてもらいます。
 そして来週はいよいよハロウィンなので、本場のハロウィンが楽しみです!既に今月に入って至る所にパンプキンが飾られています。来週はCarving pumpkinを家でやるのでどんな形にしようかなぁと今からわくわくしています!

<コーディネーターより>
 アメリカの学校の雰囲気がとてもよく伝わってくるレポートです。合唱コンサート、フットボール観戦、ホームカミングとわくわくするような行事が続きますね。学習にもしっかり取り組んでいて、すばらしい成績を収めているとのこと。ぜひ、KEEP IT UP してください。来月のレポートは、本場のハロウィンについての報告を楽しみにしています♪

PAGE TOP

Contact Us