2016.11.22

【アメリカYFU交換留学通信11月号】塩​入花蓮さん

国際教育

アメリカYFU交換留学 (イリノイ州マリオン)
氏名:塩入花蓮(2年)
期間:平成28年8月~29年7月
<留学通信11月号>
この留学通信を書くにあたり1ヶ月間なにがあったかなぁと思い出すのですが、嬉しいことに毎月書ききれないほど沢山のことがあります。今回は、先月号でもお話した “Halloween” について、そして今アメリカと言えば大統領選挙!だと思うので現地で感じたことなどを中心にお話ししたいと思います。

 既にとっても前な気もしますが、10月の最大イベント”Halloween” はとても楽しかったです。同じ地域のSouth Illinois に留学している留学生が集まって “Carving pumpkin” を行いました。私の勝手なイメージかもしれませんが、日本の緑色の南瓜はとても固いですが、今回使ったオレンジのかぼちゃはそこまで固くなく、とても簡単にきることが出来ました。初めての経験でしたが、良く出来たと思います。日本でもハロウィンと言えば、かぼちゃのイメージがあり、ジャックオランタンと聞くと思うのですが、私はなぜなのかよく知らなかったのでホストファミリーに聞いてみました。

 まず、ハロウィンの起源はアメリカではありません。ヨーロッパのケルト人の儀式とジャックオランタンの伝説がかけ合わさって出来たそうです。ケルトでは11月1日が新しい年の始まりの日でした。その前夜10月31日は収穫祭であり、日本のお盆のようにこの世とあの世の境がなくなる日でもあるとされていたそうです。悪霊にいたずらされないように魔除けの火を焚いたり、仮面を付けたりしていたものが今の仮装や、Trick or Treat につながっているようです。

 そして、ジャックオランタンの伝説というのは、ジャックというどうしようもない男の話です。ハロウィンの日に悪霊に魂をとられそうになりましたが、うまく騙し10年間魂をとらないことを約束させ、その10年後には永遠にジャックの魂をとらないことを約束させました。やがて彼に寿命が訪れ、もちろん行いの悪かったジャックは天国に行けるはずもなく、地獄に行きますが魂を一生とらない約束だったので地獄に落ちることさえ出来ませんでした。その後、落ちていたかぶをくり抜き中に火をともしさまよい歩いたそうです。この伝説が”Carving Pumpkin” のもととなっています。伝説ではかぶだったのになぜかぼちゃに…?ヨーロッパ人がアメリカに移ったとき、かぶがあまり収穫されていなかったのとかぼちゃが沢山収穫されていたためかぼちゃに変わったそうです。なので、現在もかぶを使っている地域もあるそうです!オレンジ色の大きいかぼちゃのイメージが強くかぶのはイメージし難いですが…笑

 日本では「”Trick or Treat” お菓子をくれないといたずらするぞ」は、よく知られていますがハロウィンの本質はあまり知られていないですし、あまり注目されていないなぁと感じました。というのも、私がきちんと知らなかったのでそう思っただけですが…笑 悪霊よけのためなので、怖い顔に切り抜くべきでした…今回知ることが出来たので機会があれば、怖い顔に挑戦します!

 そして、もう一つビッグイベントと言えば、大統領選挙の投票が行われました。現地ではとのクラスでもどのニュースでもその話ばかりでした。私の高校では、模擬選挙を行い立候補者の生徒がディベートを行い生徒が投票するという一連の流れを行いました。もちろん日本で投票した事がないので、とっても新鮮でした。
結果は皆さんご存知の通りトランプ氏が勝利しましたが、正直あそこまで差が出ると思っていなかったので驚きでした。これは私個人の意見ですが、日本で報道を聞いているとトランプ氏が大統領になるのは…と思っていましたが、Governmentの授業を取っているので色んな意見を聞くことができ、一概にどっちがいいとは言い難いなぁと感じました。結果はさておきこの大統領選挙中に一番感じたことは、日本の高校生との選挙に対しての考え方の差がとてもある事です。高校の中で”もう投票した?”という会話が飛び交っていることに私は違和感を感じました。ですが、それはごく普通のことで、更に生徒と先生がディベートかのように意見をぶつけ合えるくらいきちんと意見を持っている生徒がとても多く、それだけ注目を集められる選挙を出来るのはすごい事だと思いました。日本でも、こんなふうにみんながきちんと参加する、できる選挙が行われればいいなと思いました。トランプ氏はアメリカと他国の関係についても様々な意見を述べているので、今後日本との関係がどう変化していくのかはとても気になります。

最後に、私のステイしている州にあるシカゴに行ってきました!同じ州とは言え、車で5時間弱…アメリカってやっぱり広いなぁと実感しました…

PAGE TOP

Contact Us