2017.3.18

【豪CCGS通信3月号】岩本麻央さん

国際教育

オーストラリア姉妹校CCGS(セントラル・コースト・グラマースクール) 長期交換留学
期間:平成29年1月~4月
氏名:1年1組 岩本麻央

★授業内容
先月末からESL(English second language )という授業が加わりました。留学生四人のための授業です。ESLの授業はとても楽しいです!週に2、3回しかないので毎回の授業で積極的に発言するようにしています。
また、今月から短期留学の西高生が加わりました!

★特に印象に残ったエピソード
CCGSにきて既に1ヶ月が過ぎました。だんだんなれてきてみんな私の名前を覚えてくれて最近では”Hi Mao” と話しかけてくれます!そこで今流行してることや、若者が使う英語を教えてもらっています、例えば日本でいうと高校生が使う『それな』『ワンチャン』のような言葉です。
今月ホストファミリーをチェンジしたのですが、新しいホストファミリーもとても優しい人達で、放課後は家でお菓子を作ったり、プール
に入ったりしていて、週末はシドニーにいってエジプトの博物館にいきました!ホストマザーや、ダディーは私の英語を直してくれてとても勉強になります。そして、先日カンガルーの肉を食べました。味と香りは『獣』感がすごかったです…。
そして、印象に残ったエピソードは、今月初めの3日間は前のホストファミリーの家にステイしていたのですが、真夜中自分の部屋の天井に巨大ゴキブリがいました。最初、何かわからなくて検索したらゴキブリでした。かなり日本と違って巨大で飛びます。
こっちの人はゴキブリになれていて無言でパァンと、退治してました。しかし、逃しました。その夜は一睡もできませんでした。私も最近、手のひらサイズの蜘蛛を見ても部屋に虫がいてもなんとも思わなくなりました。私もだんだんオーストラリアンになってるのかなと、しみじみ思います。虫刺されも、こっちにきて、十カ所以上刺されました。
先月ブルーボトルに刺される→今月虫刺され、ゴキブリに怯えた夜→来月なにが起こるんでしょう…
本当、毎日色んな事があって全てが新鮮で日本で体験できないような日々の繰り返しです!
また、桜井校長ご夫婦、ひろえ先生達と動物園にいきました!カンガルーと戯れたりコアラ触ったり蛇を首にまけて嬉しかったです!それとCCGS生徒達で行った演劇会「Gatsby」を見ました。本格的でキャストが同い年には見えませんでした。

★今後の生活に役立つこと
海外の方と関わってよく聞かれることは日本の文化のことです!しっかり自分の国の文化を理解して他の国の人に伝えるのは、さらにコミュニケーションが取れるし、お互いの国の文化など深く話すことができます。なので、自分の国のことをよく知るのは大切だと思いました。

★来月の主な予定
来月はyear10のキャンプに参加します。4泊5日間でシャワーなし、トイレなし、という過酷なキャンプですが頑張りたいと思います。4日間シャワーなしです。来月が最終の月です。長いようで短いオーストラリアでの生活。一日一日を大切にしてもっと英語を話せるように頑張ります。

【コーディネーターより】
オーストラリアは自然が豊かなので、日本にはいないような生物もいます。最初は戸惑っていたものの、今では慣れてきたそうで、人も環境に応じて強くなるものですね。どんどん逞しくなってください。そして、一日一日を大切にしてくださいね。国際教育係

PAGE TOP

Contact Us