2017.2.10

【豪CCGS通信】 藤澤 翔君

国際教育

オーストラリア姉妹校CCGS(セントラル・コースト・グラマースクール) 長期交換留学
期間:平成29年1月〜4月
氏名:1年 藤澤 翔
【マンスリーレポート1月号】
★授業内容:主に5教科があり、英語ではビデオを見ながらその場面の理解を深める授業であった。
オーストラリアの数学は問題が英語で書かれているため理解するのが難しく感じられた科目の一つだか、内容はそれほど難しくはない。
理科の授業は日本の高校一年生と同じで、イオンや価電子についての授業。単語を調べるだけでもすぐにわかった。
続いて日本語の授業では、私達もお手伝いをさせてもらい、自己紹介やカタカナ、時間などの言い方を学んでいた。
世界史の授業では、第二次世界大戦当たりを勉強していたが、時折聞こえるJapaneseの内容が気になったが、聞くだけで精一杯だった。しかしどの授業もとても楽しかった。
 他には、体育でバレーボールをしたが、みんな背が大きくて驚いたが、とても楽しくプレイする事が出来た。パソコンの授業はプログラミングでした。アートの選択授業では演劇と合唱とダンスがあり、演劇をやった。一人一人がとても上手くて感激してしまった。英語で言ってるのに、その場面が思い浮かんできた。

★特に印象に残ったエピソード
 CCGSの生徒のほとんどがお金持ちで乗っている車や家が豪邸ばっかりだった。軽井沢の高級住宅地にいる気分。少し雨の日や曇りの日が多く、少しジメジメしてる日があるが、とても快適に過ごせてとても楽しい。あと、少し運転が荒く感じた。なぜなら、セントラル コーストの地域ほ坂が多くカーブが多い、そのわりに飛ばすので、道路はいつでもにぎやかに感じた。

★今後に役立てたいこと
 気になったことはどんどん聞いた方がいい。わからなかったら聞き返すとわかりやすい答えがかえってくる。とにかく疑問を持つ事が大切だと思った。
★来月の主な予定
 3月7日にスイミングカーニバルがあり、毎週木曜日はPACという建物で放課後先生の話を聞く。その際生徒によるバンドやダンスの発表があります

【コーディネーターより】
 オーストラリア姉妹校長期交換留学生より第一号のレポートが届きました。文面や写真から、異文化に大いに刺激を受けている様子が伺えます。何よりとっても楽しそうです。4月まで元気にたくさん勉強して来てください♪ 国際教育係

PAGE TOP

Contact Us