2017.8.28

【特進コース】勉強合宿レポート①(学習編)

特進のお知らせ

ステージ週間の一環として【特進】コースの1,2年生は3泊4日で勉強合宿を行いました。合宿の様子を3回に分けてレポートしたいと思います。

今年は昨年と同じ奥志賀高原のホテルを貸し切りにして実施しました。隣りのホテルでは他校の吹奏楽部が合宿中のようで朝から演奏が聞こえてきました。また近くで駒澤大学陸上競技部が合宿しており,朝の散歩の際には練習する姿を見ることが出来ました。ホテル周辺では野生のサルを見ることもでき,自然豊かな恵まれた環境での合宿となりました。

さて勉強合宿は基本的学習習慣の確立と自主的学習態度の育成を通して学力の向上を目指す,【特進】コースの学習指導の一つです。原則として1,2年生は全員参加し,4日間で30時間を超える学習にチャレンジしました。

合宿での勉強は大きく分けて「授業」と「自習」の2本立てです。授業は国数英の主要3科目,自習時間は各自の計画に基づいて好きな科目の勉強ができます。多くの生徒は授業の予習や復習,また夏休みの課題等の勉強にあてていました。

自習時間中もやらせっぱなしということはなく,絶えず教員が机間指導に回り,集中できていない生徒には声掛けをしながら60分または120分の自習時間を乗り切るようにサポートしました。

自習時間中は自由に質問できるのも大きな特徴です。引率している教員の他に,今年は4名の卒業生(現役大学生)にチューターとして参加してもらい後輩の勉強を手伝ってもらっていました。これも【特進】コースの良き伝統となりつつあります。

生徒の中には勉強の質問だけでなく進路相談をしたり,大学の話を聞いたりする者もいて,自分の進路選択に積極的に役立てようとする姿も見られました。

朝の学習は朝食後の8時から始まりますが,今年は2年生の一部で朝5時ごろから自習室で勉強をしている生徒も見られ驚かされました。

その他,科目によってはドリルや小テストを行ったり,個別に課題をもらって勉強している生徒も見られました。また希望者を対象に特別授業を行った科目もあり,生徒たちはそれぞれ熱心に取り組んでいました。

出発前には「30時間も取り組めるのか」不安に思う生徒も少なくないですが,学習面,生活面ともにかなり細かい面までサポートしていますので,食べるべき時にしっかり食べ,休むときにしっかり休めば,体調を崩すことなく4日間勉強に打ち込むことが出来ます。

今年の参加者の2学期以降の成長に期待したいと思います。次回は生活編です。

(文責 中嶋)

PAGE TOP

Contact Us