2017.6.29

西高祭の舞台作り その2 中庭の芝生

西高Live

芝生に無数の穴、これは、今みなさんが、西高祭の屋台や野外ステージを作っている、中庭の2か月前の様子。無数の穴は、5月の連休中にすべての芝生にあけられまました。芝生の根が、地中深くはるためにです。また、雑草が生い茂ったり、芝生が枯れてしまった部分は、きれいに地面を剥ぎ、さらに土つくりを行うために耕し、石をとる作業が行われました。連休が終わり、畑のようになっていた中庭を記憶している人も多いと思います。最後の写真は、新たに植えなおした直後の芝生の様子です。2か月たった今、芝生は青々と生い茂っています。芝生の今の状態が作り出されるには、結構な手間がかかっているのです。植えなおした芝生は、まだまだきちんと根がはっている状態ではありません。中庭は、西高祭の大切な舞台の一つですが、感謝をして大切に、特に植えなおした部分をいためないように使用して欲しいと思います。

PAGE TOP

Contact Us