2019.5.6

【西高の自然】環水平アーク・ハロ

西高Live

連休中の4月28日(日)の午前11時ごろ、上田西高校の上空で 「環水平アーク・ハロ」と呼ばれる現象が見られました。

空に水平の虹ができるのが、「環水平アーク」、太陽の周りにリング状に虹ができるのが、「ハロ」だそうです。

両方とも、太陽光が上空の薄雲の中の氷の粒の中を通過するときに、屈折して、異なる波長の光(色)に分解されて起る現象だそうです。

ウエザーニュースはこちらです。

信州民報紙190429はこちらです。

東信ジャーナル紙190429はこちらです。

PAGE TOP

Contact Us