2020.2.12

台風19号被災地域ボランティア・その1

西高Live

昨年、2019年10月中旬、台風19号が日本列島を襲撃しました。改めて被災された皆様にお見舞い申し上げます。

ところで、この台風は上陸してから3日間、勢力が衰えないという異常な台風でした。国連機関のIPCC(Intergovernmental Panel on Climate Change;国連気候変動政府間パネル)が2019年9月に特別報告書を発表しました。予想以上に早く、地球の平均気温が上昇しているとの内容だそうです。この台風19号も海水温の上昇がもたらした台風ではないかと、その後、指摘されています。IPCCの共同議長を務めるハンス=オットー・ポートナー氏は「100年に一度の大災害が毎年起こる可能性がある。」と述べていました。

このような状況で、本校の一人の生徒が、全校生徒に関心をもってもらいたいと立ち上がりました。自ら、台風19号の被災地に入りボランティアー活動をし、さらに、地球温暖化防止の対策のためのポスターを校内に掲示して、全校生徒に訴えています。この生徒、吉越梓(3年生、塩田中)さんのことを紹介したいと思います。

PAGE TOP

Contact Us