2020.8.1

第56回西高祭 西高Magic

西高Live

生徒会役員による西高太鼓が高らかに打ち鳴らされ、第56回西高祭が幕を開けました。たった一日だけの文化祭です。上田西高校の長い歴史の中でこれほど短い文化祭があったでしょうか?おそらく今回が初めてのことだったと思います。今年の西高祭は未知への挑戦でした。

新型コロナウイルスの影響で例年二日間で行っていたものを一日で行わなくてはならないため、内容を大幅に変えなくていけません。また、新型コロナウイルスの感染防止対策も併せて考えなくてはいけませんでした。多くの課題がある中で生徒会役員や生徒会係の先生達は何度も何度も話し合いを重ね、これまでにない西高祭を作り上げました。

一日だけの文化祭は生徒達にとっても大変なものだったと思います。ステージ発表を行うクラスは一度しか発表する機会がなく、オブジェ、校門アーチも限られた時間しか披露できません。販売も既製品しか売ることができませんでした。そして、何よりも今年は一般公開ができなかったため、家族や他校の友達などに頑張っている姿を見せることができませんでした。生徒達の文化祭へのモチベーションが心配されましたが、準備の段階から生徒達は一生懸命に取り組み、西高祭当日も文化祭を心底楽しんでいる姿が見られました。

これまでに経験した事のない文化祭を計画し成功させた生徒会、限られた時間の中で精一杯輝いた生徒達、西高祭の成功はまさに「西高Magic 」だったのではないでしょうか。たった一日の文化祭でしたが、最高の一日となりました。生徒会役員の皆さん、係の先生方、生徒の皆さん本当にお疲れ様でした。

PAGE TOP

Contact Us