2020.9.1

「防災の日」本日防災訓練が行われました。

西高Live

本日3時間目のLHRの時間に防災訓練を行いました。

今日9月1日は「防災の日」となっていて全国各地で防災訓練が行われています。本校も毎年この時期に防災訓練を行っています。例年は学校で災害が起こったことを想定して実際に避難していますが、今年は新型コロナウイルスの影響で密を避けるために避難はせず、各教室で防災に関する映像を視聴し、消防士の方から放送にて講演をしていただきました。上田広域連合消防本部職員の甘利さんから火災,地震,水害,台風,落雷,竜巻などの災害が起こった場合の身の守り方や対処法を事細かく教えてもらいました。講演の最後には「震災は忘れた頃にやってくるという古い言葉があるが、災害は絶対に来るものだと思って準備しておくことが必要です。」と災害に対する心構えや備えについても話をしてくれました。長野県は昨年の台風19号で甚大な被害を受けました。ここ上田市でも千曲川の水が越水し、避難を余儀なくされた人も沢山いたはずです。過去の体験から災害は怖いものであると学ぶことができたので、その教訓を今後に生かしいく必要があります。

今回の防災訓練を通して、災害の怖さや災害に対する備えの必要性を改めて考えることができました。講演いただいた甘利さん、本日は貴重なお話をしていただきありがとうございました。

PAGE TOP

Contact Us