2021.3.25

第2回入学生オリエンテーション ここからがスタート

西高Live

2回目の入学生オリエンテーションが行われました。今回のオリエンテーションは主に一般入試での合格者を対象に行われ、4月の入学に向けて制服採寸や運動着採寸などを行いました。今回のオリエンテーションの参加者の中には、本校を併願校として受験して入ってくる中学生も沢山いるかと思います。そんな中学生の皆さんに、2年前の入学生オリエンテーションで当時の中学生たちに向けて話をしてくれた卒業生の西澤君の言葉を送ります。

西澤陽貴君(早稲田大学文学部文学科合格 2018年度卒業生)

「皆さんの中には、高校入試で思うような結果が出なくて、ここにいる人もいると思います。私の代もそうでした。皆さんの周りの人はこう言っていると思います。『高校入試が終わりじゃない、入学してからの自分次第だ』と。私はこの言葉を聞いても綺麗ごとだとしか思いませんでした。皆さんもそうだと思います。ですが、この言葉こそ、皆さんが高校生活を始めるにあたって最も重要な言葉だと、今なら断言できます。この綺麗ごとに現実味を持たせるために、私の経験をお話しします。私は中学3年時のテストの平均点が270点くらいしかなく、内申点も低かったので、「この程度の人間が勉強しても何も変わらないのでは」といつも思っていました。ですが、西高の特進コースに拾ってもらい、勉強中心の環境に身を置いて初めて、あの言葉の意味がわかりました。「どんなに勉強しても頭の良い人たちには追いつけない」と思い込んでいた私が、特進コースで3年間勉学に励んで結果、3年次後半では以前からは考えられない成績を模試で残すことができました。そこから自信がつき、志望校への合格を果しました。私が皆さんに伝えたいことは、自分の努力次第で将来はどうとでもなるということと、その為の環境が整っているということです。ぜひ、この西高で自分の夢を見つけ叶えて下さい。」

中学生の皆さん、4月共に勉強できることを楽しみにしております。

PAGE TOP

Contact Us