2021.6.10

【アーティスティックスイミング】和田彩未さん日本選手権4種目で優勝!

西高Live

アーティスティックスイミングに取り組む和田彩未さん(3年生、戸倉上山田中出身)は、日本選手権にて4種目で優勝しました。

学業と両立する和田さんにインタビューをしました。

【第97回日本選手権水泳競技大会 アーティスティックスイミング競技】

日時:2021年5月7日(金)~9日(日)

場所:大阪・東和薬品ラクタブドーム

結果:

<ソロフリー>   和田彩未(長野ASクラブ) 優勝

<デュエットフリー>和田彩未・小林唄(長野ASクラブ) 優勝

<チームフリー> 和田彩未(長野ASクラブ) 第3位

<デュエットテクニカル>和田彩未・小林唄(長野ASクラブ) 優勝

<テクニカルソロ>和田彩未(長野ASクラブ) 優勝

日本水泳連盟ホームページはこちらです。

広報係「和田さん、この度はおめでとうございます。大会を終えての感想を聞かせて下さい。

和田さん「ソロとデュエットの優勝を目指して練習をしてきたので、目標が達成できてうれしかったです。」

係「今回の大会に向けて、練習から特に気をつけたことは何ですか」

和田さん「Duetでは、2人(小林唄さん)で息を合わせることです。Soloでは上半身の表現力の強化を図ってきました。」

係「練習はどれくらいやっていますか」

和田さん「1週間に4日、練習会場に通っています。土日は1日9時間は練習をしています。」

係「次の目標を教えて下さい。」

和田さん「アーティスティックスイミングチャレンジカップが、6月17日より行われます。この大会で、今回の日本選手権より点数を伸ばしたいと思っています。直前に合宿があります。そこでは日本全国から選抜メンバーが集まります。そこで競り合いたいと思っています。」

係「次の目標に向けて頑張って下さい。ところで、和田さんは学業も頑張っています。どうやって学習との両立を図っているのですか」

和田さん「自宅で短期集中で取り組んでいます。先ずは、授業中に自分の力で理解できるようにしています。テスト前には、問題演習を必ずやるようにしています。」

係「インタビューへの協力、ありがとうございました。次の大会も応援しています。」

 

 

PAGE TOP

Contact Us