2021.12.22

西上田駅前・点灯式

西高Live

西上田駅南口広場にて、イルミネーションの点灯式(12月3日(金))を行いました。昨年度は感染症まん延のため、中止となりました。Dプロジェクト部の主催で、西上田駅南口広場で、幻想的な光景が見られます。12月31日まで、午後4時半から午後10時の間、毎日、点灯されています。

NHK・NewsWEB信州はこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ⅾ-プロジェクト部誕生までの経過(『上田西高校60年誌』より抜粋)】

①Ⅾ-プロジェクト誕生まで(D:Dream)

生徒・保護者・教師の三者が、日常生活や学校の教育について意見を交換し合う三者懇話会が平九年度より5年間実施された。西上田駅から学校への通学経路は、平成5年より古屋敷踏切が使用できるようになったが、危険な状況での登下校であった。

平成6年10月西上田駅南側のモービル石油輸送所で大規模火災が起き、その後会社は再建を断念、平成10年に跡地を上田市が取得することとなった。

本校では平成12年4月上旬に「西上田駅開発プロジェクト」が提案され、生徒参加での跨線橋(自由通路)・広場実現の方向性を打ち出した。中旬には、生徒会長や担当職員が上田市長へ自由通路及び駅前公園早期実現に関する『要望書』を提出した。その後、生徒組織は「D-プロジェクト」と命名され活動を開始した。

地元住民や上田市と合同会議を行い平成15年11月には、自由通路及び駅前公園が完成した。この実践は生徒の積極性、先進性ゆえに各所で注目され、発表・報告も随所で行われた。

②Ⅾ-プロジェクト誕生後

南口広場が整備された平成15年(2003年)以降は、生徒会・Dプロジェクト部を中心に、地域の方々と共に南口広場の花壇の花植え、草刈などを行っており、毎年10月末ごろに南口広場で、地域の住民・企業の従業員、保育園・小学校・中学校の児童・生徒との交流を深めるための「緑のフェスティバル」(本年度は10月30日に実施)というイベントを開催している。

 

 

写真提供:Dプロジェクト部

PAGE TOP

Contact Us