2015.10.23

【西高素描】1秋空は澄んで

西高Live

空を見上げると、秋空は空気が澄んで大変きれいであります。そして、冷涼な空気に触れると、冬が近くまで来ていることを感じます。そして、あせりを感じるものです。こうして、人生は素早く過ぎるのでしょうか。

 ある詩人は言いました、「少年老い易く学成り難し、一寸の光陰軽んずべからず。」有名な詩です。しかし、いつも思い出すのは、この次のフレーズです。「未だ覚めず池塘春草(ちとうしゅんそう)の夢、 階前の梧葉(ごよう)已(すで)に秋声」

 夢は達成すべく、今、頑張らないと、梧葉(ごよう)の木に秋風が吹いているように、人生に秋風が吹き始めます。

PAGE TOP

Contact Us