2016.3.5

第54回卒業証書授与式~未来への飛翔~

西高Live

3月5日(土)は穏やかな一日となりました。
第54回卒業証書授与式が厳粛なうちに挙行され、卒業生273名を無事に送り出すこととなりました。今年度の特筆すべき点は、表彰者が103名となったことです。過去最多の表彰者が輩出された学年となりました。

<表彰者一覧>
皆勤賞:11名
精勤賞:54名
全国中学高等学校連合会特別表彰:1名
理事長特別表彰:硬式野球部24名、軟式野球部11名、レスリング部1名、成績優秀者1名

 桜井達雄学校長より式辞として、「とかく人は今と違う世界に希望を求めがちであるが、実は幸せは毎日の中にあるのだ」ということを、メーテルリンク作の「青い鳥」を引用して話され、「幸せを見つけることができる感性を育てて欲しい」と激励されました。続いて、「人は何かを得れば幸せになれるかというと決してそうではなくて、【青い鳥】は実は【幸せの種】であり、【幸せの種】を見つけれれるように豊かなの心をつくって欲しい」と述べられました。

 送辞では、生徒会長上原咲夏さんが、「3年生には希望と誇りを教えてもらい、学校全体をリードしてくれた。私たちは変わらない伝統を引き継ぎ、新しい伝統を築いていく決意である。」と感謝の意と決意を表しました。

 最後に、卒業生答辞は、3学年ルーム長会を代表して、中村名那さん、横田弘樹君が述べました。「3年時は、今までの自分たちを超えられるような学年にしようと決意した。甲子園の応援で気づいたのは、勝ち負けよりも【自分がどれだけ本気になれるか】が重要だということであった。」と述べ、「友人と巡り合え、【本当に大切なものは毎日の生活の中にあった】これからは、どんな困難があっても上田西高校で学んだことを生かして、乗り越える決意である」と述べました。そして、「いつも近くにいてくれた、お父さん、お母さん、今まで愛情を注いでくれてありがとう」と結びました。

 3年生の皆さん、上田西高校での過ごした日々を胸に新しい世界での活躍を祈ります。卒業おめでとうございます!そして、保護者の皆様、3年間のご協力、ご理解に感謝申し上げます。ありがとうございました。

PAGE TOP

Contact Us