2016.11.8

【台湾修学旅行】第3日目<文化体験>

西高Live

11月8日(火)は第3日目、台湾文化体験の一日となりました。

<第3日目>

ホテル ⇒ 忠烈祠 ⇒ 故宮博物院 ⇒ 小龍包の昼食 ⇒ 九分 ⇒ 広東料理の夕食 ⇒ 松山夜市

 

本日の台北市内は曇り、そして、霧雨に見舞われました。また、九分のある場所は台湾の北側になり、東シナ海から吹き付ける強い風と雨に見舞われる天候となりました。

そんな天候に負けずに、台湾文化を体験する一日となりました。

忠烈祠は、祖国のために戦死した33万人の兵士の霊を弔っている場所です。台湾は18歳以上になると、軍隊に入隊をしなければならない徴兵制を導入しています。若い衛兵が1時間交代で、警護をしております。銃の重さは6.7kgもあります。その衛兵の交代の儀式を見ることができました。

故宮博物院は中国の8000年間の歴史を伝える文化財を展示しております。今から4000年前の青銅器(銅と錫)が展示されていまいた。当時の日本は弥生時代であり、土器を使用していたわけですが、時代の先端をいっていたことがわかります。

昼食は、世界中からお客さんが集まる県泰豊で小龍包を味わいました。

九分は映画「千と千尋の神隠し」の舞台となった場所です。山間の急斜面にレトロな家屋が並び、独特の雰囲気を醸し出しています。

夕食の広東料理は、野菜を多く使った料理であり、きっと健康に良いと思います。

 

最後は、松山夜市を散策しました。台湾の人々の生活感が出ているところです。

 

本日も21時30分よりルーム長会が開催され、ルーム長達が、旅行を安全に成功させるべく、仲間を見守ってくれています。無事故で旅行を終えられるように頑張りたいと思います。

(通信環境不良のために第2日目の更新がおくれていまして、すみません。)

PAGE TOP

Contact Us