2017.3.10

【2016年度春ステージ週間】2日目

西高Live

【春のステージ週間概要】
期  間:3月9日(木)~14日(火)
ステージ:部活動(強化部)、国際教育、生徒会活動、学力向上(特進コース)、学力向上(課題解決型学習)

2学年特進コースでは、長谷川正之氏を招いての講演会が実施されました。
長年、社会人として社会の一線で活躍された人から見て、必要とされる人材と勉強の大切さ、また、大学でどのように取り組むべきか、という内容で、講演が行われました。
<長谷川正之氏講演会>
日時:3月10日(金)9時10分~10時40分
場所:大会議室
対象:2学年特進コース
【長谷川正之氏 経歴】
上田市農政課職員(元長野県農政部職員・中小企業診断士)
ブログはこちらです。

最初に、本校の所在する下塩尻地区についての話がありました。実は、この地区は、明治から昭和初期まで、生糸の世界4大産地の一つであったのです。(中国、フランス、イタリア、下塩尻)遠くヨーロッパ、米国に下塩尻産の生糸が輸出されていたのでした。ヨーロッパの服飾文化に貢献していたとは、何とも驚きです。長谷川氏はこの話から、「そこにしかない価値に気付いた時、プライドが生まれるのだ」と説いていました。そして、このプライドこそ、逆境の時に踏みとどまれる力になるのです。
郷土に価値を見つけ、そして、同様に自分という人間にしかない価値、役割に気付いた時、人間は大きな力を発揮するのでしょう。自分を大切にしているからこそ、他人のために活躍できる人間になれるのです。
氏は講演の中で「『自分で自分を励ます』ことでしか生きられない」、「自分を歴戦の勇者と思え!」という言葉を述べられ、生徒達を鼓舞して下さいました。心に火を灯す講演でした。ありがとうございました。

PAGE TOP

Contact Us